「歯みがき」こそもっとも簡単な超絶健康法だった!(1)歯と「健康」の不思議な関係

「歯みがき」こそもっとも簡単な超絶健康法だった!(1)歯と「健康」の不思議な関係

 食べ物の出発点は「口」だが、歯を含めた口腔衛生と健康には密接な関係があることはあまり知られていない。実は、まさに「万病」を駆逐する健康法こそ1日2回10分ずつの「歯みがき」だという。その驚異の効果を、口腔トラブルの恐ろしさとともに紹介する。噛むことは命の泉を湧かせる行為なのだ!

 昼夜を問わずテレビで流される「健康情報」。その多くは、運動と栄養に対するものだろう。栄養とはまさに「食事」のことだが、その入り口が「健康」と強い結び付きを持ち、寿命にさえ関係していることはあまり知られていなかった。

 国立保健医療科学院で統括研究官を務める安藤雄一氏が解説する。

「きっかけは80年代半ばに、寝たきりの高齢者の方への訪問治療が全国で少しずつ始まったことです」

 それまで虫歯など歯の治療に追われていた歯科医は、不思議な現象に立ち会うことになる。

「寝たきりの人が立ち上がるとか、意識がハッキリする。ちゃんと食事ができるようになるという事例がぽちぽち出てきたのです」(前出・安藤氏)

 当初「特殊な例」と考えていた安藤氏は、当時新潟大学で指導者の立場にいた。

「そこで、訪問診療の症例をまとめたところ、歯科治療が全身の健康にも好ましい影響を与えていることを示す結果が出ました。全国的にも80年代後半から、多くの歯科医師、歯科衛生士が『歯と健康』の関係に注目したのです」

 わかってきたのは、歯が健康でないと、さまざまな不健康を招くという事実だった。武内歯科医院院長で、鶴見大学歯学部探索歯学講座の武内博朗臨床教授は、


あわせて読みたい

アサ芸プラスの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

次に読みたい関連記事「アンチエイジング」のニュース

次に読みたい関連記事「アンチエイジング」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「睡眠」のニュース

次に読みたい関連記事「睡眠」のニュースをもっと見る

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2017年2月7日の社会記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。