天才テリー伊藤対談「港カヲル(皆川猿時)」(2)今年の「紅白」を狙っちゃおうよ!
拡大する(全1枚)

テリー ここまで力を入れたからには、リリース記念のコンサートもやるんですか?

港 この前の2月1日、まさに46歳の誕生日だったんですけど、おかげさまで東京は無事終了しました。大阪は、2月7日に「オリックス劇場」でやります。

テリー まさにこの対談が掲載される「アサ芸」の発売日だ。東京はどこでやったの?

港 東京国際フォーラムのホールAでやらせてもらいました。

テリー ええっ、国際フォーラムのA!? 5000人規模の大ホールだよ! これまたずうずうしい(笑)。

港 そうなんです。さすがにソロコンサートだと不安だったので(笑)、演奏はグループ魂ということにして、半分グループ魂のライブにしたんですが、おかげさまで満員になりまして。

テリー ライブは、どんな内容だったんですか。

港 まあ、ソロアルバムの曲を演奏する時には、アルバムに参加してくれた(アイドルの)「私立恵比寿中学」と一緒に踊ったり、ゴスペラーズがバックコーラスを担当してくれました。

テリー ハハハ、さっきの曲を聴いたかぎりでは、バチが当たる布陣だね!

港 ですよね(笑)。総合司会は谷原章介さんが担当されて、あと曲間にコントもやるんですけど、それには(氣志團の)綾小路翔さんが参加してくれました。とにかく、いろいろな方のお力をお借りして‥‥。

テリー 何とか動員を増やそうと(笑)。コントって宮藤さんの書き下ろしなんでしょう?

港 そうです、ショーの構成はもう、宮藤さんがバッチリと台本を書いてくれていまして。