なでしこジャパン宮間あや ハンド見逃し「誤審抗議」を阻んだ佐々木監督の呪縛!「すべては『2位狙い発言』から始まった」

 大いに称賛されるべき銀メダル獲得。だが、その歓喜の中で、何ともいえないやるせなさが残ったのはあの「誤審」のせいだろう。何しろW杯に続く連覇を達成していたかもしれないのだから。相手選手も認めた反則に抗議できなかった痛恨の理由とは─。

 午前3時45分からの放送にもかかわらず、最高視聴率24・8%(関東地区、ビデオリサーチ発表)をマーク。日本中のファンが凝視する中で、問題のプレーは発生した。

 8月9日のサッカー女子決勝戦。昨年のW杯決勝でも激突したアメリカに1点を先制された前半26分、キャプテン宮間あや(27)が蹴ったフリーキック(FK)のボールを、ペナルティエリア内の相手MFヒースが左腕で止めてしまう。その瞬間、澤穂希(33)、川澄奈穂美(26)ら数人がヒースを指さし、「ハンド!」と声を上げた。だが、ドイツ人の女性主審は笛を吹こうとしない。これには佐々木則夫監督(54)も苦笑いしながら両手を広げ、納得いかない表情だ。結局、そのままプレーは続行。本来なら日本にPKが与えられ、成功すれば同点となって勢いづいたはずなのだが‥‥。

 ドイツ紙「ヴェルト」はシュタインハウス主審によるこの「大誤審」を〈五輪決勝で失敗した〉との見出しで大々的に報じている。

〈シュタインハウスはハンドの反則をとらなかったため、日本は銀以上のメダルを獲れなかった〉

 さらに対戦国アメリカでも「USAトゥデー」紙が、

〈リプレイ映像を見ると明らかにファウルであり、日本にPKを与えるべきものだった。それは日本に同点をもたらす絶好の機会となるはずだった〉


あわせて読みたい

アサ芸プラスの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

スポーツ総合ニュースアクセスランキング

スポーツ総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2012年8月29日のスポーツ総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。