女子柔道 松本薫 金メダルを奪取した「野獣ファイト」の原点 ハクビシンへの餌やりでスピードを習得した

       

 大不振の柔道で唯一の金メダルを獲得した女子57キロ級の松本薫(24)。彗星のごとく現れた救世主の特異なファイトスタイルをマスコミは「野獣」「野性」と報じたが、原点はそう称されるにふさわしいモノにあった。

 スポーツ紙五輪担当記者はこう話す。

「彼女が金メダルを獲っていなかったら、64年の東京五輪で柔道が正式種目になって以来初の、男女合わせてゼロという前代未聞の醜態をさらすところでした。原因は指導者の問題などいろいろありますが、『国を背負っている』という意識が強すぎるあまり、萎縮してしまう選手が目立ちました。その点、松本は周囲も驚く天然ぶり‥‥いや、超マイペースでしたね」

 その心技体はどこで磨かれたのか。スポーツライターが「松本伝説」を明かす。

「あの戦いぶりや風貌から、変わり者だと言われる松本は数年前、野生のハクビシンを捕獲し、1人暮らしの自室で飼うようになったそうです」

 ハクビシンはジャコウネコ科の哺乳動物で、タヌキかアライグマに似た顔に、イタチのような胴体。中国では食材として使用されるが、かつてSARS(重症急性呼吸器症候群)が大流行した際には、ウイルスを媒介しているのではとの疑惑を持たれ、流通禁止になったことも。スポーツライターが続ける。

「ところが、このハクビシンが凶暴で言うことを聞かない。餌やりをしようにも暴れ回るものだから、まさに格闘の連続。ハクビシンのスピードについていくうち、あのすばやく猛烈な野獣的ファイトスタイルと強靱な足腰が出来上がったと言われます。さらに、捕獲すべく動きを追ううち、自然にハクビシンをまねたような、スピード感あふれる動きになったとも‥‥」


当時の記事を読む

アサ芸プラスの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「オリンピック」に関する記事

「オリンピック」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「オリンピック」の記事

次に読みたい「オリンピック」の記事をもっと見る

スポーツニュース

スポーツランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2012年8月31日のスポーツ総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。