自衛隊VS韓国軍 「竹島戦争」完全シミュレーション(3)

自衛隊が空と海を制する!

 いや、わざわざ竹島での局地戦を行う必要すらないかもしれない。

 軍事評論家の加藤健二郎氏はこう話す。

「現代の戦争は陸海空全ての兵器を連動して運用することが鍵となります。そういう意味でも、総合的な戦力は日本のほうが有利でしょう。また、竹島のような小さな離島となれば、空と海を制して相手の補給線を断つのが優先されることになります。特に、海自の能力は韓国海軍をはるかに上回っているので、日本は有利に進められるはずです」

 韓国の補給基地となりうるのが、竹島の東92キロに位置する鬱陵島だろう。この2つの島を結ぶ海域を封鎖する必要がある。

 前出・世良氏が話す。

「海域を封鎖するには、潜水艦の能力が必要になる。海自は現在、延命などさせて20隻を保有しています。韓国も同程度の潜水艦を保有していますが、日本に比べて小型の潜水艦ばかりです。しかも、日本の潜水艦は1週間から10日間は潜行し続けられるのに対し、韓国の潜水艦は3日に1度は浮上しなくてはならず、日本の哨戒機が沈めることができる。日本の潜水艦は速力こそ出ないが、補給路を通る艦船を沈めるには潜行能力に優れた日本のほうが有利となるでしょう」

 たとえ、韓国が巡航ミサイルや対艦ハープーンミサイルで攻撃してきても、海自にはイージス艦がある。即座にミサイルを撃ち落とすことが可能なのだ。

「海自は6隻、韓国海軍は3隻のイージス艦を配備しています。数でも日本が上ですが、韓国のイージス艦は『なんちゃってイージス艦』と呼ばれるほど、性能が劣る。日本のほうがイージス艦を導入したのは早く、運用面でも有利です」(前出・世良氏)


あわせて読みたい

気になるキーワード

  1. 竹島 観光
  2. 竹島 韓国
アサ芸プラスの記事をもっと見る 2012年8月31日の社会記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

「竹島 + 韓国」のおすすめ記事

「竹島 + 韓国」のおすすめ記事をもっと見る

「竹島 + 観光」のおすすめ記事

「竹島 + 観光」のおすすめ記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら