小林幸子が撮っていた「23歳のヌード」誌上公開!(1)無名だった23歳時、グラビアで見せていた「エマニエル夫人」カット

 事務所社長の解任騒動からご難続きの小林幸子。今度は所属レコード会社の契約解除でいよいよ歌手活動にも黄信号がともっている。そんなやさき、本誌は35年前に撮影されていた“幻のヌード”を発掘。「愚か者~!」と周囲に言われかねない封印過去の裏には事務所スタッフとの愛憎渦巻く禍根があったというのだ。

「35年前に構図がそっくり」

 小林幸子(58)を巡るゴタゴタはいよいよ、最終局面を迎えつつあるようだ。個人事務所の社長だったSさんと専務を今年4月に解任すると、Sさんサイドが反発する“お家騒動”にまで発展。6月になって、和解金として総額6000万円を小林側が支払うことで、一件落着したはずだった。

 ところが8月20日になって、今度は所属レコード会社を“契約解除”していたことが明らかになったのだ。

 芸能記者が明かす。

「6月発売予定だった新曲『絆坂』は、『何が絆だ』と内外から反感を買い発売を延期。本人は『34年連続白出場を何としても目指したいの』と、インディーズからCDを出すと意気込んでいる。そこで、17年間所属したレコード会社『日本コロムビア』との契約の解除を申し出たのが真相です。ただ、前途はかなり厳しいですね」

 今回のお家騒動の背景には、前社長のSさんと昨年11月に、小林と結婚した8歳年下の医療系会社社長のH氏との確執が原因と言われている。2人は衣装の費用の金額などを巡って対立。ところが、小林が完全に夫のHさんに肩入れしたことで事態が悪化した。


編集部おすすめ

当時の記事を読む

小林幸子のプロフィールを見る
アサ芸プラスの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「小林幸子」に関する記事

「小林幸子」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「小林幸子」の記事

次に読みたい「小林幸子」の記事をもっと見る

芸能総合ニュースランキング

芸能総合ランキングをもっと見る
お買いものリンク