石原慎太郎 逆憤会見で「対小池百合子“百条バトル”」への全内幕!(2)2人は本当に敵対しているか…

石原慎太郎 逆憤会見で「対小池百合子“百条バトル”」への全内幕!(2)2人は本当に敵対しているか…

 意外にも両者の関係は、そもそも悪くはなかった。

「かつて小池氏の父・勇二郎氏は実業家だったが、石原慎太郎選挙で応援していた。13年の都知事選の時に石原氏は、小池氏に出馬を促し、『支援する。お父さんへの恩返しだ』と伝えたのです。結局、小池氏は出馬しなかった」(石原氏周辺)

 しかし昨年の都知事選に小池氏が出馬した際、自民党は増田寛也元総務相を担ぐ。この時自民党東京都連会長の石原伸晃氏は小池氏を「自民党の人間じゃない」と罵倒。息子のためにと増田氏の応援弁士に立った石原氏は、小池氏を「大年増の厚化粧」と罵った。

 この辺りから両者のバトルが始まったと解説するメディアもあるが、小池支持の都議会会派幹部は言う。

「厚化粧発言に小池さんは傷ついたかもしれませんが、逆にそれをネタにして訴え、多くの女性の共感を得ました。小池さんは、そんなことで石原さんを生涯恨むような小さな器ではなく、一枚も二枚も上手でしたたかで、たくましい。敵を作って戦う姿勢を見せてみずからの存在を高めていく戦術です。長く知事を務めた象徴として、石原さんは格好のターゲット。敵に仕立てやすい存在にすぎない。対して、石原さんのほうが踊らされている、というのが真の構図でしょう」

 踊った石原氏の会見は自身に奏功する結果となったか──残念ながらノーだ。

 会見のポイントは、東京ガスとの土地交渉や合意に至った経緯。汚染が発覚しながら最終契約まで進み、莫大な汚染対策費を都が払ったことなどだ。


あわせて読みたい

気になるキーワード

アサ芸プラスの記事をもっと見る 2017年3月13日の政治記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「小沢一郎」のニュース

次に読みたい関連記事「小沢一郎」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「下村博文」のニュース

次に読みたい関連記事「下村博文」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「橋下徹」のニュース

次に読みたい関連記事「橋下徹」のニュースをもっと見る

新着トピックス

政治ニュースアクセスランキング

政治ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内の政治情報、首相、内閣、大臣、国会、選挙などの気になる最新ニュースをお届け中。