40年の歴史に終止符…女優たちが彩った「土曜ワイド劇場」傑作選!(3)大場久美子も大胆シーンに挑戦
拡大する(全1枚)

 松井氏は、土ワイの黎明期に欠かせない女優たちがいたと言う。

「当時はテレビで脱いでくれる女優は少なかったが、これをフォローしたのが日活の女優たち。ドラマですから当然、一糸まとわぬ姿だけでなく演技も要求されるが、彼女たちは十分に応えられた」

 宮下順子、片桐夕子、野平ゆき、泉じゅんといった日活女優たちが土ワイの常連になっている。

 Fカップのバストで人気だった三崎奈美(61)もその1人で、「死刑台の美女」など4作に出演。

「初めて土ワイに出たのが『死刑台の美女』で、私、ストリップ劇場の入り口で裸のマネキンのような姿で殺されていましたね。最後に出た『養子探偵団』(86年12月20日)では、全裸で山の中を走り回っているシーンを覚えています。あまり自分の体には自信がなかったけど、とにかくお芝居をやることに必死でした」(三崎奈美)

 さて、意外な女優が脱いでいたといえば市毛良枝(66)だ。70年代後半から80年代にかけ、常に「お嫁さんにしたい女優ナンバーワン」と呼ばれたが、84年7月7日オンエアの「松本清張の証言」では、大胆なカラミに挑戦。

 市毛は29歳の独身OL役で、5年の不倫関係を持つ上司(柳生博)がいる。ベッドで抱き締められ、みずから唇を貪るように吸い、小ぶりな乳房をわしづかみにされる。さらに感度が高まった市毛は、みずからが上になり、長い髪を振り乱しながら、許されざる肉欲に溺れてゆく‥‥。

 70年代のグラビア女王だった水沢アキ(62)もまた、過激なタイトルの主演作が多い。81年8月1日の「通り魔連続殺人 襲われた団地妻」、82年12月18日の「妹を犯した男」、83年7月23日の「団地妻のさけび」、85年5月25日の「オフィス妻のさけび」とめじろ押し。