春の「プリヒップ」美女アナグランプリ!(3)テレ朝・竹内由恵はサッカー応援番組で…
拡大する(全1枚)

 一方、局をあげての女子アナハプニング映像で数字を稼いでいたのがテレビ朝日。3月に行われた「サッカーW杯アジア最終予選」に先駆けた応援番組に、宇賀なつみアナ(30)、久冨慶子アナ(28)、松尾由美子アナ(37)ら9人の女子アナが、短パン姿に着替えてシュートにチャレンジ。

「エールを込めて、胸トラップシュートを決めたいと思います」

 と、ここでガッツポーズを見せたのは竹内由恵アナ(31)。

 しかし、いきなり高い位置のパスを投じられると、

「イヤッ!」

 と悲鳴を上げ無残にもトラップミス。気を取り直しての再チャレンジでも、再び右胸にボールをまともに受け、「ヒィ!」と小さく悲鳴を上げる。それでもかろうじてゴールを決めると、

「入ったぁ~」

 と、満面の笑みを浮かべる竹内アナだが、別角度のカメラには右足を高く振り抜いた際に食い込んだ尻肉がみごとに収まっていた。

「サッカー番組を担当している竹内アナは、これまでにも代表ユニホームを着て太腿エロスを披露するのが恒例。今後も、振り切った尻肉シュートで代表を盛り上げてもらいたい」(丸山氏)

 テレビ東京で随一のムチムチボディの相内優香アナ(31)が堪能できるのが、夜ニュース「ワールドビジネスサテライト」の「トレたま」コーナーだ。

「毎回、女子アナが体を張って新製品を体験する人気コーナーなのですが、特に自転車の試乗レポートがいちばんスゴかった。相内アナが新作自転車にまたがると、サドルからプニュッとデカ尻がハミ出る。もちろんカメラは、そのお尻を後ろからバッチリ捉えている。実にドスケベです」(織田氏)