忽然と消えたJ‐POPの歌姫50人を追跡リサーチ(4)有名アニメの主題歌歌手は艶系ビデオに出演

忽然と消えたJ‐POPの歌姫50人を追跡リサーチ(4)有名アニメの主題歌歌手は艶系ビデオに出演

 いつも街に歌があふれていた──。そんな時代を象徴する宇多田ヒカルや中森明菜の復活は、昨年末の音楽シーンに大きな刺激を与えた。ただ、大ヒットを放ちながら、その姿を見ることが少なくなった歌姫たちも数多い。

・Sowelu 代表曲「I Will」(04年)

 グラドルを経て、R&B系のシンガーで脚光を浴びる。12年に休止を宣言したが、その後、フリーランスで活動を再開するも、交通事故やポリープ手術など多難続き。

・girl next door(千紗) 代表曲「偶然の確率」(08年)

 エイベックスの創立20周年を記念してデビューし、大々的に売り出されたが、わずか5年で解散。ボーカルの千紗は水泳の金メダリスト・北島康介と結婚し、1児の母に。

・mihimaruGT(hiroko) 代表曲「気分上々↑↑」(06年)

 デビューからしばらくは鳴かず飛ばずだったが、3年後にようやくブレイク。紅白にも2年連続で出場し、ベストテン入りのヒットも12作を数えるが、13年に無期限活動休止。

・BONNIE PINK 代表曲「A Perfect Sky」(06年)

 CMソングを中心にヒット曲は多いが、最大の魅力であるFカップボディは、06年の紅白でも堂々とアピールしたほど。15年のライブで、結婚したことを客席に発表している。

・上原あずみ 代表曲「青い青いこの地球に」(01年)

 デビュー曲が人気アニメ「名探偵コナン」のタイアップになり、チャート9位のスマッシュヒット。10年に男性問題でCD回収などの措置が取られ、12年の艶系ビデオデビューに続く。


あわせて読みたい

気になるキーワード

  1. 中森明菜 花の82年組
アサ芸プラスの記事をもっと見る 2017年5月2日の芸能総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

「中森明菜 + 花の82年組」のおすすめ記事

「中森明菜 + 花の82年組」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「森高千里」のニュース

次に読みたい関連記事「森高千里」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「福山雅治」のニュース

次に読みたい関連記事「福山雅治」のニュースをもっと見る

新着トピックス

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。