秋津壽男“どっち?”の健康学「自覚症状のない梅毒が流行の兆候。脳や脊髄を侵し、認知症になるおそれ」

秋津壽男“どっち?”の健康学「自覚症状のない梅毒が流行の兆候。脳や脊髄を侵し、認知症になるおそれ」

 一時はすっかり患者数が減っていた梅毒の罹患者が今年1月から4月までに昨年より約2割も増加しているそうです。もともと、大都市圏で患者数が多かったようですが、最近では地方でも増えているそうですから注意が必要です。ここで質問です。

 性病の代表でもある梅毒と淋病、気づきにくくて怖いのはどっちでしょう。

 尿道炎である淋病の場合、排尿のたびに尿道に焼け火箸を通したような痛みを感じます。女性は自覚症状はありませんが、男性はウミが出てくるのですぐに気づきます。

 淋病に限らず、梅毒、クラミジア、ヘルペスなどの性病はオーラルセックスでも感染します。相手の性器に接触した結果、病原菌が口内に感染するわけです。

 風俗通いをする男性の中には「口なら大丈夫」と高をくくる人も少なくないようですが、決してそんなことはないのです。

 ただ、淋菌はペニシリンや抗生物質を正しく飲めば一発で治ります。風邪の時の抗生物質でも治る場合があるように、さほど怖い病気ではありません。

 かたや梅毒の場合、スピロヘータという病原体が原因となります。菌体の外側にある被膜構造が細胞を覆っており、非常に強い細菌で抗生物質があまり効きません。スピロヘータ感染で発病する病気としては、梅毒の他に回帰熱やライム病などがあげられますが、いずれも、治療がやっかいな病気と言えるでしょう。

 梅毒が恐ろしいのは初期症状がほとんど出ないことです。感染後、数カ月から1年で発疹が出ますが、最初は皮膚かぶれと見間違うことが多いのです。第2期症状で全身のリンパ節が腫れ、発熱や関節に痛みを感じます。感染から3年以上たった第3期症状では顔や鼻がゴムのように膨れ、10年を経過した第4期症状では、臓器に腫瘍が出て脳や脊髄を侵され、最終的には認知症となります。


あわせて読みたい

気になるキーワード

アサ芸プラスの記事をもっと見る 2017年6月12日の社会記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「睡眠」のニュース

次に読みたい関連記事「睡眠」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「アンチエイジング」のニュース

次に読みたい関連記事「アンチエイジング」のニュースをもっと見る

新着トピックス

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。