プロ野球「師弟の絆」裏物語 最終回 新垣渚と秋山幸二の「捲土重来」(1)

「生き残るためには野球観を根底から変えよ」

“速球派”を捨てさせたリハビリ中の非情通告

 混パの中で、主力選手が軒並み抜けたソフトバンクは、シーズン終盤厳しい試合展開を続けている。そうした中、救世主として復活を果たしたのが、ベテラン新垣渚だった。かつて速球派で鳴らした本格派は肘の故障を経て、技巧派へと変身。そこには、みずからの経験談をもとに新垣の意識を変えさせた、秋山幸二監督のアドバイスがあったのだ。

瀬戸際で“結果”を出した

 ソフトバンクが苦境に立たされた9月7日、3位争いがかかった対ロッテ戦の初戦、先発のマウンドには、68日ぶりの一軍マウンドとなる新垣渚(32)が立っていた。

 前日の対西武戦では、エースの大隣賢司(27)が満を持しての起用で敗戦した直後だっただけに、チームの今後の行方を左右しかねない状況だった。新垣は、「ここで負けたら、ズルズルと行く場面。ローテーションの穴をあけた身とすれば、恩返しする番だ」

 気持ちを引き締めてのマウンドとなった新垣は、7回を2安打1失点の好投で今季6勝目をあげたのだ。

「自分の持っているものを出してくれたら、いい結果となって表れるものよ。ぽっと出の若い連中と違うんだから‥‥」

 監督の秋山幸二は新垣の好投に目を細めた。秋山は自身の現役時代から、「球の威力、スライダーのキレは同世代の連中と比べて数段上」と新垣の素材のよさを評価していた。

 だが、プロの世界では、素材のよさがそのまま勝ち星につながるものではない。昨シーズンまでチームメイトだった同世代の杉内俊哉(31)、和田毅(31)の両左腕のピッチングの前では、際立つ存在感を示すことができなかった。


あわせて読みたい

アサ芸プラスの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

スポーツ総合ニュースアクセスランキング

スポーツ総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2012年9月21日のスポーツ総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。