富士山噴火「我が家だけ被害ゼロ」完全マニュアル(1)“霊峰”富士が噴火目前!

       

 富士山噴火の危機が目前に迫っているという衝撃の研究が発表された。過去、宝永大噴火では大量の火山灰が江戸の町を襲った。現代では、この灰によって都市機能が破壊し尽くされるというのだ。この危機を乗り越えるサバイバルマニュアルを公開!

 文科省管轄の専門機関である防災科学技術研究所が“噴火もありうる”と判断したのは、昨年3月11日に発生した東日本大震災から4日後、静岡県東部で起きたM6・4の地震の影響だ。これによって富士山のマグマだまりに、噴火を引き起こしかねない大きな圧力がかかっていたことがわかったのだ。

 現在のところ、火山性微動など顕著な噴火の兆候は観測されていない。だが、1707年の宝永大噴火で直前の宝永地震により富士山に加わった力より、今回の圧力は強かったという。

 そして、9月6日、研究チームが「地震から数年たってから噴火する可能性もあり、警戒が必要」と衝撃発表したのだ。

 東海大地震予知研究センターの竹内昭洋特定研究員が言う。

「東日本大震災の結果、三陸沖のストレスは取れましたが、滑り残ったところもあり、三陸沖の北と南で圧力が強まっている。富士山にかかる太平洋プレートの圧力も強まっていることは間違いありません」

 昨年来、富士山麓の湧水が噴き上げ、富士五湖には「赤池」と称する幻の湖が誕生した。

「それがマグマだまりに加わった圧力のせいか、降雨のせいか、よくわからない」(竹内氏)

 とする研究者が多いが、


あわせて読みたい

アサ芸プラスの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「富士山」に関する記事

「富士山」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「富士山」の記事

次に読みたい「富士山」の記事をもっと見る

国内ニュース

国内ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2012年9月25日の社会記事

キーワード一覧

  1. 富士山 観光
  2. 富士山 静岡空港

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。