つゆだく「2017年上半期“艶”大賞」発表!<映画編>有森也実が挑んだ四十路の艶技

つゆだく「2017年上半期“艶”大賞」発表!<映画編>有森也実が挑んだ四十路の艶技

 巨大なスクリーンに一糸まとわぬ姿を叩きつけてこそ、美女のフェロモンは真価が発揮される。さて、上半期はどんな映画が男たちを惑わせただろうか。

「初めてではないが、ここまで壮大に脱いだことに驚かされます。清純派の時代からは考えられない大胆さですね」

 映画評論家・秋本鉄次氏が絶賛するのは、「いぬむこいり」(太秦)に主演した有森也実(49)だ。4時間を超す大作で、有森が演じたのは、顔が犬で体が人間という「犬面人」の青年と関係を持つ女教師の役。

「放尿シーンもあったし、正常位やバックなど、何度も激しく貫かれる姿をヘアも見える全裸で演じた。体は豊満ではないけど、その心意気はすばらしかった」(前出・秋本氏)

 綾瀬はるか(32)の「本能寺ホテル」(東宝)は、ヌードも濡れ場もまったくないが、綾瀬の映画として“定番”の「あのシーン」をしっかり確認できる。

「かつて『プリンセストヨトミ』(11年)では、激走シーンでFカップが76回もユサユサと揺れたことが確認できた。今回は少し減ったとはいえ、それでも52回のパイ揺れに、39カットもの胸のアップが迫力を増しています。事務所も本人も“おっぱい推し”であることに抵抗がないので、これは風物詩になっていくんじゃないでしょうか」(映画ライター)

 ぜひ、そうあってほしいが、できれば1枚2枚と服を脱ぎ捨てていく姿も観たいものだ。

 続いて、現在は千眼美子に改名した清水富美加(22)の「笑う招き猫」(DLE)だ。公開時には「幸福の科学」に出家したため、一切、舞台挨拶にも立たなかったが、


あわせて読みたい

アサ芸プラスの記事をもっと見る 2017年7月4日の芸能総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。