つゆだく「2017年上半期“艶”大賞」発表!<写真集&グラビア篇>片山萌美が写真集で遂に!

つゆだく「2017年上半期“艶”大賞」発表!<写真集&グラビア篇>片山萌美が写真集で遂に!

 まず、そっと開ける。そして気に入ったページを何度も凝視する。そんな「写真集」という宝箱には、男のロマンが詰まっている。

 グラビアにも造詣の深い漫談家・ユリオカ超特Q氏が絶賛するのは、元日本テレビアナの脊山麻理子(37)だ。2月に発売した「miao」(ワニブックス)は、発売イベント会場が騒然となった。

「昨年は深田恭子が30代になっても写真集を立て続けに出していたけど、今年、脊山麻理子は37歳なのにアンダーウェア姿で現れましたからね。さらに、清水富美加の発言を逆手に取って『私は性的対象で見てもらってかまいません』と言い放った。アッパレです」

 脊山は、お尻がしっかりハミ肉状態の悩ましい下着姿で、イベントに集まった男たちを瞬殺した。

 こうした熟女の奮闘ぶりは写真集業界における今年の傾向で、元フィギュア選手の村主章枝(36)が「月光」(講談社)で初ヌードになり、タレントのLiLiCo(46)も「絶夜 LiLiCo写真集」(双葉社)で22年ぶりのフルヌードを見せた。

 さらに、ラスト写真集と銘打ったのが、スイカップこと古瀬絵理(39)の「陽だまり」(講談社)だ。

「お話をいただいた時は『また出していいんですか?』って、謙遜する気持ちのほうが強かった。ただ、2冊目を出せることが奇跡ですから、守りには入らず、攻めました」

 記者の直撃に、古瀬は偽らざる胸中を明かす。その「攻め」の姿勢は、Hカップを包んだ布が太陽に透けて、横チチがあらわになるというショットに集約される。


あわせて読みたい

気になるキーワード

  1. 片山萌美 グラビア
  2. 片山萌美 映画
アサ芸プラスの記事をもっと見る 2017年7月4日の芸能総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

「片山萌美 + 映画」のおすすめ記事

「片山萌美 + 映画」のおすすめ記事をもっと見る

「片山萌美 + グラビア」のおすすめ記事

「片山萌美 + グラビア」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「橋本環奈」のニュース

次に読みたい関連記事「橋本環奈」のニュースをもっと見る

新着トピックス

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。