灼熱の「映画&ドラマの艶ヒロイン」を総直撃!<TVドラマの「放送コード超え」十篇>

灼熱の「映画&ドラマの艶ヒロイン」を総直撃!<TVドラマの「放送コード超え」十篇>
拡大する(全1枚)

 規制の厳しいテレビの世界にも、かつては「衝撃のドラマ」が存在した。その輝かしい歴史から、十篇を厳選する。

 傑作ホームドラマ「寺内貫太郎一家2」(75年、TBS系)で、壮絶なシーンを演じたのは池波志乃(62)だ。白桃のような胸が男たちによって蹂躙されるというショッキングな映像だった。

 しかも、その一派が寺内家の長男(谷隼人)で、被害者である池波と結婚するというストーリー展開が、従来のホームドラマとは一線を画していた。

 70年代から80年代にかけ、濡れ場を前面に打ち出したのが「土曜ワイド劇場」(テレビ朝日系)の「美女シリーズ」である。明智小五郎(天知茂)を取り巻く美女たちの“艶技”は必見であったが、

「叶和貴子(61)がまさかの入浴ヌードを見せた『天国と地獄の美女』(82年)や、高田美和(70)と鰐淵晴子(72)が豪華共演を飾った『天使と悪魔の美女』(83年)は特に傑作。特に高田が浴室で若い青年とセックスにふける描写は、ロマンポルノの『軽井沢夫人』以上のエロスを感じさせました」(ドラマライター)

 隠れた名作と呼べるのは、若村麻由美(50)が出演した「飢餓海峡」(88年、フジテレビ系)だ。往年の名作映画をリメイクし、物語のカギを握る娼婦の杉戸八重役で、仲代達矢との濡れ場を演じた。若村は仲代が主宰する「無名塾」の出身であり、師弟のカラミを演じたことになる。

「隠れた名作といえば、中森明菜(52)が主演した『悪女2 サンテミリオン殺人事件』(93年、フジ系)も、保阪尚希を相手に、かなり濃厚な濡れ場を演じた。シーツにくるまれてはいたが、明菜は上半身ヌードで撮影に臨んだという逸話が残っています」(放送記者)


編集部おすすめ

当時の記事を読む

池波志乃のプロフィールを見る
アサ芸プラスの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「池波志乃」に関する記事

「池波志乃」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「池波志乃」の記事

次に読みたい「池波志乃」の記事をもっと見る

芸能総合ニュースランキング

芸能総合ランキングをもっと見る
お買いものリンク