ビートたけしの金言集「“悪い”や“怖い”といった評価でご機嫌!」

ビートたけしの金言集「“悪い”や“怖い”といった評価でご機嫌!」
拡大する(全1枚)

 先日、殿が出演されたドラマの放送があり、後日、「いや~昨日のドラマの殿は悪そうでした。最初は憎たらしくてしかたありませんでした」と、“始めは嫌な悪役が、最後には共感できる人物”といった役どころを演じた殿に、素直な感想をぶつけると、

「そうか。そんなに悪そうだったか? ちょっと怖そうだったか?」

 と、やたら“悪い”といったワードに食いついてこられたのです。そうなんです。殿はなぜか、「悪い」そして「怖い」といった言葉で語られるのを好む傾向が確実にあります。

 わたくしがこの件について不思議に思うのは、数学と科学を愛し、今なお趣味で大学受験の問題集を解いたりしている、文字どおりクレバーな殿の中に、まるで北関東あたりの、歯の抜けた“昔はヤンチャしててよ、悪いこといっぱいしてきたぜ”と、今でもアピールしてくる“元ヤン気質”と同じ臭いを感じるからです。殿はかつて、

「昔悪かった不良が更生すると、『偉い。よく頑張った』なんていう風潮があるだろ。だけどそんなもん、はなから真面目にやってるやつが偉いに決まってるじゃねーか!」

 そうおっしゃっていました。が、「いやーこないだの○○の殿は悪そうでした。怖かったです」などと言われると、途端に“俺も昔はいろいろあったから、やっぱりにじみ出ちゃってたか?”といった感じで、明らかに機嫌がよくなります。殿ほどの方でも、ある意味、日本人が大好きな“ヤンキー気質DNA”が、組み込まれているようなのです。


当時の記事を読む

ビートたけしのプロフィールを見る
アサ芸プラスの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「ビートたけし」に関する記事

「ビートたけし」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「ビートたけし」の記事

次に読みたい「ビートたけし」の記事をもっと見る

芸能ニュースランキング

芸能ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。

お買いものリンク