鳥谷敬2000本安打達成からサラリーマンの生き様に思いを馳せる

鳥谷敬2000本安打達成からサラリーマンの生き様に思いを馳せる

 阪神タイガース・鳥谷敬内野手(36)が一流打者の栄冠2000本安打を達成した。入団14年目の快挙だ。2003年のドラフトで阪神に入団すると、1年目からレギュラーに定着。その年の9月以降、現在に至るまで試合に出続けている。

 今シーズンは顔面にデッドボールを受けて鼻骨骨折をしていても、まさに“ゴッドバード”然としたフェイスマスクを着用しながら打席に立った。昨年、大不調に陥るも、不死鳥の如く蘇り、通算1872安打で開幕を迎えると安打を量産。シーズン中に大記録に到達した。ある大物解説者の話。

「1シーズンで打てるヒットは多くて200本。3割打者であっても150本~180本ほど。ということは、2000本打つには、リーグトップレベルの打撃成績を12~15年間続けなければいけない。大卒でプロ入りすれば、15年後は38歳。大きなケガをすることなく、安定した成績を残してレギュラーを張り続けるということ。鳥谷は、昨年の不振でこのまま終わってしまう恐れもあった。だけど、金本監督に変えられてしまったフォームを戻して復活しましたね。今年のフォームは素晴らしい」

 今シーズンのプロ野球は、2000本安打のラッシュイヤーだ。6月にはメジャーリーグで当時アストロズの青木宣親(35/現NYメッツ)が日米通算、中日ドラゴンズの荒木雅博(39)が2000本安打を達成。以降、ソフトバンク・ホークスの内川聖一(35)、阿部慎之助(38)も続き、ついに、鳥谷も達成となったのだ。その鳥谷も働き盛りの30代後半。誰が何と言おうと、プロ野球選手の生き様は、我々サラリーマンの励みになるのだ。


あわせて読みたい

アサ芸プラスの記事をもっと見る 2017年9月11日のスポーツ総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

スポーツ総合ニュースアクセスランキング

スポーツ総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。