あの美女たちの「まさかの艶シーン」大全(2)<清純派の一大決心>安達祐実は映画「花宵道中」で…
拡大する(全1枚)

 プロ野球の「先発・中継ぎ・抑え」の分業制ではないが、女の世界も「脱ぐ・脱がない」の線引きは明確。ところが、そうしたこととは無縁の清純派が突然、大胆なサプライズを届けてくれた。

「70年代の日本映画界は、撮影に入ったら撮影所のルールに従うというのが鉄則。今みたいに、CM契約を気にして、所属事務所が内容に口を出すということは皆無でした」(秋本氏)

 それを証明したのが、竹下景子(63)が出演した「祭りの準備」(75年、ATG)だ。当時の竹下は「クイズダービー」(TBS系)で“3択の女王”と呼ばれ、また「お嫁さんにしたい女優No.1」として絶大な支持を集めた。

 好感度やCM需要を考えれば「脱ぐ必要」などどこにもなかったが、低予算で知られるATG作品で、豊満なバストを何度も揺らす。そして、江藤潤の背中に指をなぞらせ、悩ましいアエギ声を響かせるのだ。まさしく「竹下さんに3000点!」の熱演だった。

 同じく美人女優の五十嵐淳子(64)も、早い段階でヌードになった一人。渡辺淳一原作の「阿寒に果つ」(75年、東宝)で、美白の乳房を何度も見せつけた。若い恋人(三浦友和)、レズの手ほどきをする女(二宮さよ子)、年上の男(地井武男)と、相手を代えながら濃厚シーンを重ねていく。

 実は、五十嵐が渡辺淳一氏に手紙を書いて出演を直訴したというから、今どきの「脱がない若手女優たち」にも見習ってもらいたい。

 子役時代からの成長を日本中が見守ったのは安達祐実(35)だが、本格的な脱皮となったのが「花宵道中」(14年、東京テアトル)である。安達は、江戸・吉原の遊女に扮し、客に抱かれるシーンで何度となく全裸を披露。