芸能界「やりすぎ事件」のタブー真相(3)伝説となった宮沢りえの写真集

芸能界「やりすぎ事件」のタブー真相(3)伝説となった宮沢りえの写真集

 今や携帯電話で有名美女の一糸まとわぬ姿を隠れて見ることができる時代。が、ほんの四半世紀前には、写真に写る女優の毛1本で、濃いの薄いのと激論を交わす時代だった。スマホ世代にはわかるまい! 男たちが歓喜した“事件な姿”の主役たちは今──。

 91年1月、樋口可南子(58)の「water fruit」(朝日出版)が発売されたことにより、日本におけるヘアを見せた一糸まとわぬ姿は事実上解禁となった。同年11月、全国紙の全面広告で宮沢りえ(44)の「Santa Fe」(朝日出版)の発売が告知されるや、日本中の書店に問い合わせが殺到する大騒動となった。結果、ヘアヌード写真集史上1位となる155万部の売り上げを記録する。

 ベテラン芸能デスクが当時を振り返る。

「人気絶頂期のアイドルのヘアヌードの歴史はココから始まった革命的な作品です。実は、ヘアヌードと呼ばれながらも肝心のヘア写真は3点だけ、しかも手の隙間からコッソリのぞく程度のもので、意外にヘア面積は極小でした。それでも一昨年の『ヨルタモリ』(フジ系)で未発表カットが大量にあることが判明して、世紀をまたいでの再出版に期待がかかっています」

 しかし撮影当時、宮沢がまだ17歳だったという説が流れ、所持するだけで児童ポルノ法に触れるおそれがあることが国

会でも取りざたされた。

 アイドルグッズの殿堂、東京・神保町「荒魂書店」の鎌田俊一店長が語る。

「確かにそんな話もありましたが、特に問題ないようなのでウチでは今でも取り扱いをしています。ただし、価格は本の状態にもよりますが、1000円台となっています」


あわせて読みたい

気になるキーワード

  1. 宮沢りえ ヌード
  2. 宮沢りえ 結婚
  3. 宮沢りえ 貴乃花
アサ芸プラスの記事をもっと見る 2017年10月10日の芸能総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

「宮沢りえ + 結婚」のおすすめ記事

「宮沢りえ + 結婚」のおすすめ記事をもっと見る

「宮沢りえ + 貴乃花」のおすすめ記事

「宮沢りえ + 貴乃花」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「倉科カナ」のニュース

次に読みたい関連記事「倉科カナ」のニュースをもっと見る

新着トピックス

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。