歌姫たちの「壮絶事件」61年(2)<奇蹟の生還インタビュー>こまどり姉妹

歌姫たちの「壮絶事件」61年(2)<奇蹟の生還インタビュー>こまどり姉妹
       

 1966年5月9日、鳥取県倉吉市で、こまどり姉妹殺人未遂事件が発生した。血も凍る事件現場の一部始終を、姉・長内栄子(79)と妹・長内敏子(79)が生々しく激白する。

── 事件前、犯人からの手紙が頻繁に事務所に届いていたとか。

敏子 速達で毎日、朝と夕方で、2通ずつ来ましたね。それも手紙の最後には血判が押してあるんですよ。

栄子 その手紙は私宛なんです。私のファンで、内容は「テレビで僕に向かってニッコリ笑ってくれたね」「渋谷のハチ公前で待っているから来てくれ」「結婚しよう」とか、もうそんなのばかりで。

── 最終的には「結婚できないんだったら、心中しよう。一緒に死にたい」という手紙だったと?

敏子 はい。今でいうストーカーですね。姉からの返信がないからイラだっていたんでしょう。そんな中、鳥取・倉吉で公演することになったんですが、鳥取は偶然にもその男が住んでいる町だったんです。

── 男は会場に?

敏子 いました。チェック柄のシャツを着た若い男が花束を手に、ステージに近づいてきたんです。花束の贈り物なんてよくあるから、ふだんどおり受け取ろうとしたの。でも、握手しようとした瞬間、男に手をつかまれてステージから引きずり降ろされそうになった。反射的にふんばったら、彼はステージに上がってきました。そのまま無言で、造花に隠していた刺身包丁を構えて私に突進してきたんです。

── ちゅうちょなしですね‥‥。

敏子 首をハネようとしたみたい。私はとっさに利き手の左手を出して包丁を払いのけたら、手首がザックリ切れたの。そして、狙っていた首から包丁は下にずれて、おなかに刺さったんです。包丁は背中まで貫通していました。あたりは血まみれ‥‥。おなかの傷の深さは20センチ以上。4時間の大手術で輸血量は800ccだったかな。


当時の記事を読む

アサ芸プラスの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

芸能ニュース

芸能ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2017年10月24日の芸能総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。