日本馬8頭参戦「香港国際競走」をブチ当てる(1)香港カップと香港ヴァーズは日本勢が有力

日本馬8頭参戦「香港国際競走」をブチ当てる(1)香港カップと香港ヴァーズは日本勢が有力

 日本の競馬ファンにも、すっかりおなじみになった香港国際競走(GI4レース)が12月10日に行われる。昨年は香港カップを日本馬のモーリス、香港ヴァーズをサトノクラウンが制した。今年も菊花賞馬キセキを筆頭に8頭が参戦。ドカーンと一発、儲けるチャンスの到来だ。

 昨年の海外馬券「香港国際競走」の売り上げは、16年凱旋門賞の約42億円には及ばなかったが、GI4レースで約38億円。今年も当日は国内GI「阪神JF」を挟んでGI5レースと、ファンにとっては実に悩ましい1日となる。

 限られた小遣いをどう配分し、どう儲けるか。海外競馬に詳しく、昨年も週刊アサヒ芸能に登場して4戦中3戦を的中させたスポーツ報知の牧野博光デスクが解説する。

「昨年同様、香港スプリントと香港マイルは香港調教の地元勢が優勢で、香港カップと香港ヴァーズは日本勢が有力です。この傾向は今年も変わらず、まずは香港ヴァーズに出走する菊花賞馬のキセキを軸に、しっかりと資金を増やしたい」

 11月27日の国内最終追い切りでは、今季GI6勝の絶好調男、M・デムーロが手綱を取り、「変わらずいい状態」と、極悪馬場の菊花賞制覇後のダメージ不安を一掃して見せた。

「放牧に出されて体調は戻っていますよ。同世代の比較からも、ダービー馬レイデオロジャパンCで2着だったので、古馬と遜色のない戦いができると思います。陣営から『あとは輸送。新潟までしか行ったことがない』という声もあったが、角居調教師といえば、シーザリオやヴィクトワールピサで海外GIを勝っている国内屈指の腕達者。心配ないでしょう」(前出・牧野氏)


当時の記事を読む

アサ芸プラスの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「菊花賞」に関する記事

「菊花賞」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「菊花賞」の記事

次に読みたい「菊花賞」の記事をもっと見る

スポーツニュースランキング

スポーツランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2017年12月8日のスポーツ総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。