日本馬8頭参戦「香港国際競走」をブチ当てる(2)香港Cは覚醒したネオリアリズム◎

日本馬8頭参戦「香港国際競走」をブチ当てる(2)香港Cは覚醒したネオリアリズム◎

 香港スプリントは、日本馬が苦戦しているレースだ。東京スポーツのコラム「海外競馬解析」を執筆する競馬ライターの秋山響氏が解説する。

「香港スプリントは圧倒的に香港調教馬が強いレースです。過去10年で7勝をあげ、昨年は4着までを独占。今年も昨年の2~5着馬がそろうだけに、日本馬を積極的には狙いづらい」

 昨年は、日本で発売された馬券で1、3番人気に支持されたビッグアーサーとレッドファルクスが10着、12着。まさに日本馬にとって鬼門のレースだ。当然、今年も香港勢の取捨がポイントになる。昨年、東スポ紙面の予想で、香港スプリント以外にも2レースを的中させた秋山氏が続ける。

「本番の3週間前に行われる同距離同競馬場のGIIジョッキークラブスプリントが過去10年で1着6回、2着10回、3着6回と本番にも直結しますが、実はこのレースからの連勝はわずか1頭だけ。6着以下からも2頭が巻き返しています」

 香港は9月がシーズンのスタート。11月はまだ完調手前なので、前走の着順にこだわらず、レース内容に注意したいところ。

「今年でいえば、勝ったミスタースタニングはもちろん有力ですが、直線で進路がなかった3着ディービーピン、4角で外を回りすぎた感のある5着ザウィザードオブオズ、さらに何度も不利を受けて競馬にならなかった9着ラッキーバブルズは、本番でおもしろい存在になりそうです」(前出・秋山氏)

 香港マイルは、今年も難解のようだ。昨年は日本馬のロゴタイプ(5着)、サトノアラジン(7着)、ネオリアリズム(9着)が敗れる中、香港調教馬が3着までを独占した。


当時の記事を読む

アサ芸プラスの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

スポーツニュース

スポーツランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2017年12月9日のスポーツ総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。