フジ山崎夕貴、局関係者が明かす“好感度ランキング伸び悩み”の理由

フジ山崎夕貴、局関係者が明かす“好感度ランキング伸び悩み”の理由

 12月1日にオリコンが発表した今年の「好きな女子アナウンサーランキング」。

 例年恒例の同調査では、オリコンのモニターリサーチにより、各局女子アナの好感度を1年間の活躍を反映して可視化。

 これまで4年連続で1位だった日本テレビ水卜麻美アナが5連覇を達成し、来年からの“殿堂入り”を決めた今回の同調査だが、その結果に局の内部からも関心が寄せられている。

「ウチとしては今年も厳しい結果になりましたね」と肩を落とすのはフジテレビ関係者である。

 今年、10位以内にランクインした同局アナは9位の山崎夕貴アナのみ。OGで現フリーの加藤綾子アナは昨年2位から順位を下げ、4位だった。

「想像以上に惨憺たる結果でした。今年は『グッディ!』の三田友梨佳アナ、新人の久慈暁子アナが入るのではと期待していたのですが…」

 自局アナの不人気ぶりに落胆する同関係者だが、意外にも「“最大の不満”は9位にランクインした山崎アナ」だという。

「今年は芸人・おばたのお兄さんとの交際報道で“庶民派女子アナ”として好感度が目に見えて上がっていた。それでも9位止まりとは、伸び悩んだ感が否めません。“伸び悩み”の理由については、交際発覚後に、おばたの不貞の過去が写真誌報道によってバレても、懸命にそれを許そうと努力するサマが、健気にも映った反面、やっぱり『バカップルぽさ』のほうが勝ってしまった。それが微妙な順位となって顕在化したんでしょうね」(前出・フジ関係者)

 フジテレビの不振は「好きな女子アナウンサーランキング」にも色濃く反映されてしまったようだ。

(白川健一)

あわせて読みたい

気になるキーワード

アサ芸プラスの記事をもっと見る 2017年12月11日の芸能総合記事
「フジ山崎夕貴、局関係者が明かす“好感度ランキング伸び悩み”の理由」の みんなの反応 3
  • 匿名さん 通報

    テレビみてたけど、実際には「ガッキーにイライラする」とは言ってないとおもうけど。

    2
  • 匿名さん 通報

    少なくとも今年は「ガッキーにイライラする」発言があったからだと思う。

    1
  • 匿名さん 通報

    久慈アナが人気アナになれない原因が山崎アナのせいみたいにいうのはもし本当にフジ関係者だとしたら最低です。アナウンサーにならなくてもタレント活動してるときに、人気でてるはず。

    1
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「三田友梨佳」のニュース

次に読みたい関連記事「三田友梨佳」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「宇垣美里」のニュース

次に読みたい関連記事「宇垣美里」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「弘中綾香」のニュース

次に読みたい関連記事「弘中綾香」のニュースをもっと見る

新着トピックス

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。