今年を彩った美女たちのアサ芸“艶”大賞!(1)<映画編>有村架純のあのシーンが…

今年を彩った美女たちのアサ芸“艶”大賞!(1)<映画編>有村架純のあのシーンが…

 事件は銀幕の中で起きている! 今年は特に「清純派の大胆シーン」や「意外な女の一糸まとわぬ姿」など大豊作。激戦を勝ち抜いてグランプリに輝くのは?

 人気グラドルから女優に転向し、いきなりハードなシーンに挑んだのは今野杏南(28)。寺山修司原作の「あゝ、荒野」(スターサンズ)で、Fカップもあらわな見事なベッドシーンを演じた。

 映画パーソナリティのコトブキツカサ氏が、その取り組みを高く評価する。

「今年のトップクラスの濡れ場だと思います。グラビアでは華やかな写真が多いですが、陰のある性に貪欲な女をみごとに演じた。さらに、肉感的な体がすばらしかった」

 前後編に分けて公開された大作だが、今野は双方で濡れ場を見せている。前編では前戯もなしに立ちバックで挿入され、ガツガツ腰を打ちつけられた。

 後編では痴女として覚醒し、男の首筋から胸板、さらに下の方まで卑猥な音を立てながら舌をはわせる。さらにセックスではなく騎乗位素股で、自身と男の性器をすり合わせたのだ。

 デビュー当時から「石原さとみ似のグラドル」として売り出していたこともあり、ある種の“疑似シーン”としても貴重な作品だ。

 復活したロマンポルノのリブート作としては、間宮夕貴(26)の「風に濡れた女」(日活)が出色。形のいい乳房を見せつけ、男に「あんたは私にロックオンされたんだ」とつぶやき、後半は格闘技のような激しいセックス勝負を展開。

「男に迫る時に『5000円でいいよ』ってセリフが強烈だったんでしょうね。私自身は15万円くらいかなと思いますけど(笑)」


あわせて読みたい

気になるキーワード

  1. 有村架純 Instagram
  2. 有村架純 ドラマ
  3. 有村架純 映画
アサ芸プラスの記事をもっと見る 2017年12月28日の芸能総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

「有村架純 + 映画」のおすすめ記事

「有村架純 + 映画」のおすすめ記事をもっと見る

「有村架純 + ドラマ」のおすすめ記事

「有村架純 + ドラマ」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「相葉雅紀」のニュース

次に読みたい関連記事「相葉雅紀」のニュースをもっと見る

新着トピックス

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。