「危ない病院」「ヤバイ医者」はこうして判別する(1)医療事故は過去最多の件数に

「危ない病院」「ヤバイ医者」はこうして判別する(1)医療事故は過去最多の件数に
拡大する(全1枚)

 大学病院をはじめとした医療機関による医療事故があとを絶たない。

 昨年9月には水戸市の水戸済生会総合病院で、拡張型心筋症の手術を受けた茨城県内の女性患者(69)が10倍の量の痛み止め薬を投与され、そのあとに死亡していたことが判明。病院は医療ミスを認め、遺族に謝罪したが、「カテーテル手術を受けていた患者に対し、手術医が痛みを緩和する塩酸モルヒネの投与を看護師に指示する際、『モルヒネ2.5』と伝えたところ、単位を勘違いした看護師が25ミリグラムを投与してしまった。標準使用量は5~10ミリグラムで、医師ら8人も手術室にいたといいますが、誰一人、誤りに気がつかなかったそうです」(全国紙社会部記者)

 さらに11月には、愛知県の豊橋市民病院でも死亡事故が露呈した。狭心症の男性患者(当時65歳)を手術した11年12月、医療器具の一部であるワイヤー(直径0.36mミリ)を誤って切断。先端約5センチを冠動脈内に残したことで、男性が転院先で4日後に、急性心筋梗塞のため死亡していたことを発表したのだ。

 名古屋大学病院では、ガンを見過ごし、患者が死亡した事実を認め、院長が謝罪。東大病院でも、15年に入院中だった男児に内服薬を取り違えて投与し、死亡させたことを公式サイトで公表している。

 特定機能病院や大学病院など、事故の報告義務がある施設などを調査する公益財団法人「日本医療機能評価機構」の報告によれば、16年度の医療事故数は全国1031の医療機関で、過去最多の3882件。うち大学病院などが8割を占めている。


当時の記事を読む

アサ芸プラスの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「「危ない病院」「ヤバイ医者」はこうして判別する(1)医療事故は過去最多の件数に」の みんなの反応 1
  • 匿名さん 通報

    時間の無駄。 http://archive.2ch-ranking.net/utu/1324981890.html#783

    0
この記事にコメントする

もっと読む

国内ニュースランキング

国内ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。

お買いものリンク