あの暴力騒動元力士と安倍昭恵を繋ぐ「自己啓発ビジネス」(1)「昭恵夫人も知り合い」と…

あの暴力騒動元力士と安倍昭恵を繋ぐ「自己啓発ビジネス」(1)「昭恵夫人も知り合い」と…
拡大する(全1枚)

 またぞろ乱れ飛ぶ角界不祥事。初場所にも暗い影を投げかける中、かつての「暴力騒動」の当事者が永田町界隈で暗躍しているという仰天情報が飛び込んできた。安倍総理の昭恵夫人ら政界関係者の名前をちらつかせ、信奉する「自己啓発ビジネス」を広めようと奔走しているというのだ。はたして森友問題に続くスキャンダルなのか。渦中の人物を直撃すると──。

 横綱・白鵬(32)に続いて稀勢の里(31)までが休場。あげくに、場所前には立行司・式守伊之助(58)の男色セクハラ行為など、スキャンダルが吹き荒れる相撲界。

 だが、角界の歴史を振り返れば、昨今の相撲人気の復活までは幾多の暴力騒動や八百長問題などが発覚。世間の相撲人気は浮沈を繰り返してきた。

 中でも07年の相撲離れは深刻だった。時津風部屋の新弟子が“かわいがり”による暴行で死亡した事件が発生したのだ。

「くしくも同時期の6月に時津風部屋の暴行死事件だけでなく、武蔵川部屋でもちゃんこ番のA氏が新弟子を暴行。その事実を知った当時の山分親方がA氏を殴りつけ、書類送検される事件も起きました」(相撲記者)

 最終的に、A氏は山分親方からの暴行直後に部屋を離れる。一方、山分親方は事件発覚後、記者会見で謝罪したことで事態の収束を図った。

 あれから約10年、事件の当事者だったA氏は、土俵から永田町に舞台を変え、暗躍していたのだ。

 昨年、A氏と会った地元関係者が証言する。

「元力士ということもあって体も大きく、人なつっこい笑みを浮かべながら、トークでその場を和ませていた印象があります。しばらく話したあと、A氏の口から『佐藤康行』という男性の名前が出てきたんです。心の専門家でメンタルヘルスにたけた人物として知られているようで、講演会を行っているから来てみませんか、と誘われました。政治家の秘書も参加しているそうで、名刺ファイルを見せられると、政治家や財界の有名人がズラリと並んでいたんです」


当時の記事を読む

安倍晋三のプロフィールを見る
アサ芸プラスの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「安倍晋三」に関する記事

「安倍晋三」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「安倍晋三」の記事

次に読みたい「安倍晋三」の記事をもっと見る

国内ニュースランキング

国内ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2018年1月30日の政治記事

キーワード一覧

  1. 安倍晋三 Instagram
  2. 安倍晋三 twitter
  3. 安倍晋三 アベノミクス

このカテゴリーについて

国内の政治情報、首相、内閣、大臣、国会、選挙などの気になる最新ニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。