あの暴力騒動元力士と安倍昭恵を繋ぐ「自己啓発ビジネス」(3)「タブーを犯してしまった」

あの暴力騒動元力士と安倍昭恵を繋ぐ「自己啓発ビジネス」(3)「タブーを犯してしまった」
拡大する(全1枚)

 A氏が続けて言う。

「過去には安倍総理の事務所に、佐藤氏の著書を送ったこともあったが、特に反応はありません。フェイスブック経由で友達申請しようと思ったことがありましたが、昭恵夫人のお友達の人数が上限を超えていたので断念したほどです」

 あくまで森友問題よろしく「自己啓発ビジネス」の「口利き」は否定するが、追及に永田町界隈で佐藤氏の教えを広げるべく活動していることは認めている。それにしてもなぜ、角界の暴力騒動の当事者が「自己啓発ビジネス」の普及に奔走しているのか。あまりにも不思議な人生のあやを感じずに入られないのだが‥‥。

「知人の紹介で佐藤学長と出会ったのは、3年ぐらい前になります。最初はなんだこの人って感じで、疑っていましたよ。でも、話してみたらもうすごくて。人と出会って人生が変わる、生き方が変わるってやばいですよね。佐藤学長をもっと世間に知ってほしいという気持ちが強くなったんです。『自己啓発』って聞いたら、怪しむ人もたくさんいるのは承知している。その誤解を解くことから始まるのです」(A氏)

 実際、記者の前でA氏は佐藤氏が説く「真我(しんが)=本当の自分を見つける」についてのレクチャーを披露する一幕もあった。A氏にとっては人生の転機とも言える出会いだったという。もし相撲界にいる時に佐藤氏と出会っていれば、「暴力騒動」も起きていなかったと述懐する。

「(事件当時)弟子には言うことを聞けって殴っていたんです。それが正義だと思っていたし、自分が天下を取れればいいと思っていた。結局、エゴですよね。佐藤学長のおかげで、恨まれて憎まれていいことは一つもないことに気づきました。それで1年ほど前、武蔵川親方や山分親方、関係者の方にわびを入れに行っています。過去のことだからと許してくれる人もいれば、私のことをおもしろくないと思っている人もいますが、正直、悪いことをしてしまったなと、今は思っています」


当時の記事を読む

安倍晋三のプロフィールを見る
アサ芸プラスの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「あの暴力騒動元力士と安倍昭恵を繋ぐ「自己啓発ビジネス」(3)「タブーを犯してしまった」」の みんなの反応 1
  • 名無し 通報

    日馬富士さん 反省して頑張って下さい

    0
この記事にコメントする

もっと読む

「安倍晋三」に関する記事

「安倍晋三」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「安倍晋三」の記事

次に読みたい「安倍晋三」の記事をもっと見る

国内ニュースランキング

国内ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2018年1月31日の政治記事

キーワード一覧

  1. 安倍晋三 Instagram
  2. 安倍晋三 twitter
  3. 安倍晋三 アベノミクス

このカテゴリーについて

国内の政治情報、首相、内閣、大臣、国会、選挙などの気になる最新ニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。