元国連捜査官が見た北朝鮮「ブラックホール」(2)登記簿にあった「日本人代表者」

元国連捜査官が見た北朝鮮「ブラックホール」(2)登記簿にあった「日本人代表者」
拡大する(全1枚)

 さらに、船舶から押収した資料や通信記録から、パナマに運河通行料を支払っていたフロント企業が判明。それが香港に本社を置く「ミラエ・シッピング香港」(香港ミラエ社)だった。

「この会社には11年2月にも、オーシャン・マリタイム・マネジメント社(以下、OMM)貨物船の通行料を香港からパナマへ送金していた記録があり、OMMの貨物船の運航手配や海外送金を通じてOMMのグローバルな活動に携わってきたことが判明したんです」

 古川氏が同社の登記簿を入手すると、驚くことにそこに記されていた代表者は「ハヤト・エミヤ」(仮名)なる日本人だったのである。

 14年2月。古川氏は東京・新橋駅前のSL広場にいた。目の前には雑居ビルがある。尾行されていないことを確認したあと、エレベーターで10階へ。目指すのは1007号室だ。そこにあるのが「近洋海運」という会社だった。

「香港ミラエ社の登記簿に記されたエミヤという人物は、別にこの近洋海運を経営していることがわかった。朝鮮総連のウエブサイトで確認すると、同社は共和国船舶の総代理業務を担当する会社として82年9月に設立されたことがわかったんです。ただ、この時点ではあくまでも捜査対象企業の存在と動静の確認が目的ですから、国連による捜査が始まっていることを相手に悟られてはまずい。とりあえず郵便受けの写真を撮り、エレベーターホールに戻ったんですが、視線の端で何かが動いた。人の気配がまったくないホールの壁に、人影がさっと動いて消えたんです。あの時はほんとに背筋が凍りつきましたね」


当時の記事を読む

アサ芸プラスの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

国内ニュースランキング

国内ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2018年1月31日の政治記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内の政治情報、首相、内閣、大臣、国会、選挙などの気になる最新ニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。