平昌五輪・日本代表美女を「ボディチェック」(3)美人すぎるアイスホッケー・藤本那菜

平昌五輪・日本代表美女を「ボディチェック」(3)美人すぎるアイスホッケー・藤本那菜

 お次はスノーボード。前回のソチでは竹内智香(34)が銀メダルを獲った。

「今回は金色の腕時計をするなど肌身に金をつけることで、金メダルを呼び込もうとしている。それでも、弾力のあるムチムチDカップは年齢的に今回で見納めとなるでしょう。06年のトリノで7位入賞を果たした藤森由香(31)も今回がラスト。スノーボードクロスから新種目のビッグエアに挑戦しますが、ギャルっぽい見た目と違い取材陣にはいつも笑顔の神対応。五輪後にはタレントに転向しても成功するはずです」(スポーツ紙五輪担当記者)

 他にスノーボードは岩渕麗楽(16)、今井胡桃(18)、鬼塚雅(19)など10代アスリートが大挙出場するなど華やかだ。

「ギャルっぽさでは同じくビッグエアにエントリーする広野あさみ(27)も負けていません。五輪後にAV出演した今井メロに妙にイメージがダブるんです」(上田氏)

 アクロバティックな空中演技に期待しよう。

 ところで、今回の平昌五輪代表選手はスケートの高木姉妹、菊池姉妹、カーリングの吉田姉妹、さらにアイスホッケーの床亜矢可(23)、秦留可(はるか)(20)など美人姉妹の多さが特徴的だ。4組の姉妹の他に、夫婦でのアベック出場も2組いる。

「ノルディック複合の渡部暁斗(29)の妻・由梨恵(29)はフリースタイルスキーのハーフパイプに出場。さらに、バイアスロンの立崎幹人(29)・芙由子(29)も夫婦そろっての出場となります。どちらも現役自衛隊員で、『ゴルゴ13』のような厳しい訓練を積んでスタミナは十分なのですが、世界レベルでは後塵を拝している。なんとか中国、韓国などを下し、アジアの防衛ラインを死守して、我が国の国防力を見せつけてほしいところです」(スポーツ紙五輪キャップ)

...続きを読む

あわせて読みたい

気になるキーワード

アサ芸プラスの記事をもっと見る 2018年2月17日のスポーツ総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

スポーツ総合ニュースアクセスランキング

スポーツ総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。