芸能界ハラスメント事件「♯Me Too!」な被害実態(1)“第二のショーンK”となってしまった元NHK・登坂アナ

芸能界ハラスメント事件「♯Me Too!」な被害実態(1)“第二のショーンK”となってしまった元NHK・登坂アナ

 昨年、ハリウッドで火がついた「セクシャルハラスメント告発キャンペーン」は鎮まるどころか、世界中に燃え広がり‥‥。日本でも「♯Me Too!」と被害を訴える女性があとを絶たない。番組降板に追い込まれた元NHKアナに続いてヤリ玉にあげられるのは──。テレビが報じない芸能界のハラスメントな実態を緊急調査した。

 今年4月スタートの「プライムニュース イブニング」でメインキャスターを務める予定だった元NHKアナの登坂淳一(46)。1月11日にNHKを退職し、今後はフジテレビの“報道の顔”となる予定だったが、1月25日発売の「週刊文春」が、「セクハラ疑惑」を報じると事態は急転した。

「セクハラ行為があったとされるのは7年前。登坂がNHK札幌放送局に在籍していた当時、番組の打ち上げで、契約キャスターの女性の体を触ったり、しつこくキスを迫るなどしたそうです。一部スポーツ新聞も後追い取材に走り、あらためて女グセの悪さが浮き彫りになりました」(芸能記者)

 報道が出た翌日の26日には、登坂は所属するホリプロを通じて「出演辞退」を発表するハメに。

「2年前、フジの報道番組を経歴詐称で降板したタレントになぞらえて、“第二のショーンK”とも言われています」(前出・芸能記者)

 この降板劇を受けて、業界内では「他人事ではない」との“戦慄”が走っているというのだ。民放局ディレクターが明かす。

「このところ、女性からの“セクハラ告発”におびえる業界関係者が激増しているんですよ」


あわせて読みたい

気になるキーワード

ショーンKのプロフィールを見る
アサ芸プラスの記事をもっと見る 2018年3月1日の芸能総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「安藤優子」のニュース

次に読みたい関連記事「安藤優子」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「久米宏」のニュース

次に読みたい関連記事「久米宏」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら