鈴木哲夫の政界インサイド「自衛隊ヘリ墜落事故で緊張感が増す連立与野党」

鈴木哲夫の政界インサイド「自衛隊ヘリ墜落事故で緊張感が増す連立与野党」
拡大する(全1枚)

 佐賀県神埼市の民家に陸上自衛隊の戦闘ヘリコプターのAH64D(通称・アパッチ)が墜落した2月5日の晩、「防衛族」と呼ばれる自民党議員と話す機会があった。

 すると、事故の状況や原因よりも、まず口にしたのは「オスプレイ」だった。

「地元に根回しをして、一つ一つこじあけながら進めていた(自衛隊が導入する)オスプレイの佐賀空港への配備がこれで一気に厳しくなった。これから官邸と防衛省は大変だ‥‥」

 前出・議員によれば、「佐賀は日本の安全保障政策にとって重要拠点」だという。

 14年、安倍政権が発足直後にさっそく着手したのが、民主党政権で迷走した沖縄の米軍基地問題だ。

 普天間飛行場の辺野古移設について沖縄県民の理解を得るためにも、米軍基地を本土で分担する検討を行った。結果、地政学的にも朝鮮半島に近く東アジアをカバーできる場所として佐賀空港が浮上したのだ。

 まず、沖縄の米海兵隊の最新鋭輸送機オスプレイの訓練拠点として活用する案を練って、地元との調整を開始。しかし、オスプレイは海外で事故が多発しており、安全性がネックとなって地元の反対で結局は頓挫した。

 そこで、官邸や防衛省が考えたのが、段階的に事を進めるというものだった。

「米軍のオスプレイではなく、自衛隊が導入するオスプレイをまず佐賀に配備する。そして、しっかり運用して地元のアレルギーを薄めたのちに、日米共同訓練といった形などで米軍のオスプレイにも広げていこうというプランだった」(防衛省OB)


当時の記事を読む

アサ芸プラスの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「鈴木哲夫の政界インサイド「自衛隊ヘリ墜落事故で緊張感が増す連立与野党」」の みんなの反応 2
  • 末法の世 通報

    安倍政権がこうした安全保障問題に一つ一つ理論立てて答弁し対応できるのかって、各省庁の「隠蔽」資料に関しての対応を見れば不可能に決まっている。かといって与党質問時間を使うわけもないし。

    0
  • 匿名さん 通報

    老朽化した部品を使った整備担当者に対しお咎めはないのか?全部そいつの責任だろ。

    0
この記事にコメントする

もっと読む

国内ニュースランキング

国内ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2018年2月27日の政治記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内の政治情報、首相、内閣、大臣、国会、選挙などの気になる最新ニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。