金融ブローカーが独占証言 裏社会と仮想通貨「資金洗浄・相場操作」(1)“ご本尊”と“提灯”を利用して

金融ブローカーが独占証言 裏社会と仮想通貨「資金洗浄・相場操作」(1)“ご本尊”と“提灯”を利用して

 約580億円の資金流出で騒動となっている「仮想通貨」。しかし、その裏で裏社会がいち早く目をつけボロ儲けしていたというのだ。その実態を知るアジアを股にかけ活動している金融ブローカーが今、闇に包まれたベールの内側を初めて告白する。

「仮想通貨と裏社会の関係だって? お金が儲かる話があれば飛びつくのはビジネスマンも組関係も同じですよ。私の中では重要な顧客の人たちであることは変わりない。正直、私自身もいくらの金額を預かっているのかは定かではないけど、億単位であることは間違いないでしょうね」

 絶対匿名を条件にこう明かすのは、アジアを拠点に飛び回っている国際金融ブローカーのX氏だ。現在50代のX氏は、富裕層向けの投資アドバイスや金融資産の運用など、数百億円を動かすアドバイザーとして長年にわたって金融の世界で暗躍してきた人物である。X氏によれば、現在、数十億円に上るヤクザマネーが仮想通貨に投資されているというのだが、

「今の時代は暴対法の影響があって、かつてのように組長クラスのヤクザと直にやり取りをするケースはまったくなくなりました。第三者の別のブローカーを通じて資産運用を任され、『○○さんからも預かっています』と説明を受けるだけ。最終的な運用金額はわかりますが、その内訳は私自身も把握していません。カタギもヤクザもお金には色がありませんし、私自身はまとまったお金を預かって、さまざまな投資先で運用するのが仕事ですから。かつては広域組織の幹部から札束を持ち込まれて『これを10倍にしてくれ』と迫られたことがありましたよ(笑)。それはさすがに丁重にお断りしましたが、今のヤクザは資金運用すらままならないほど当局の監視が厳しい環境にいるだけに、仮想通貨に目をつけるのは時間の問題でしたね」

...続きを読む

あわせて読みたい

アサ芸プラスの記事をもっと見る 2018年2月26日の社会記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。