小室家、「元信者が猟奇殺人」宗教“信心過去”報道で破局へ急加速!?

小室家、「元信者が猟奇殺人」宗教“信心過去”報道で破局へ急加速!?

 仲睦まじいお姿から一転。前代未聞の「結婚延期」となった眞子さまと小室圭さん。その真相を巡って様々な報道がなされている中、2月22日発売の「週刊新潮」が小室家にまつわる新興宗教の存在について報じている。

「結婚延期の原因として取り沙汰されているのが、圭さんの母親である佳代さんと元婚約者との間に起こった430万円を超す金銭トラブルです。これについて、元婚約者の男性が誌面で告白しています。それによると、圭さんの留学費用も工面したというこの男性は『お金を返してほしいとか、謝ってほしいとかよりも、お礼の言葉くらいは言ってほしい』『せめて僕には(婚約の)報告があってしかるべきだと思うんです』とコメントしています。また、週刊新潮は、圭さんの祖母が入信していたとされる新興宗教の元信者が1987年、殺人事件を起こしていたことも詳報していて、その報道によると事件は、被害者の遺体の頭部を切断して腹部を切開。内臓を取り出して塩で揉み、三日三晩不眠不休で切り刻むという凄惨極まりないもので、このような『儀式』に至ったのは、『取り憑いた悪魔を祓うため』という理由だったとか。その後、祖母はこの事件をきっかけに脱会していますが、“信心深さ”は受け継がれているのか、その新興宗教と関係があるのかどうかは明らかにはされていませんが、佳代さんが心酔していた女霊媒師の存在を知人が詳細に証言していますね」(週刊誌記者)

 現在、宮内庁では、「婚約解消」に向けての動きが始まっているとまで同誌はかなり断定的に報じている。子を思う気持ちはどの親も同じとは思うが、はたして両家の思いは結婚へ向かっているのか。それとも…。

あわせて読みたい

気になるキーワード

アサ芸プラスの記事をもっと見る 2018年2月22日の社会記事
「小室家、「元信者が猟奇殺人」宗教“信心過去”報道で破局へ急加速!?」の みんなの反応 8
  • 匿名さん 通報

    新興宗教、連続自死、多額の保険金受領、借金の踏み倒し、果ては皇族方への金の無心まで。家族の歴史が暗黒すぎて、、こんなのに関わったが最後、何が起きても文句は言えまい

    26
  • 匿名さん 通報

    結婚して一般人になるとはいえ、元皇族の品位を保つために1億以上の支度金が眞子様に税金から支払われます。借金や宗教や収入問題のある方に嫁いで品位が保たれるのか?税金を生活費にするのでは困ります。

    18
  • 匿名さん 通報

    神奈川県藤沢市悪魔ばらい殺人、、、、

    12
  • 匿名さん 通報

    もう、凄すぎるね!小室家▪▪▪ヒャーッて感じで次から次へと

    12
  • 匿名さん 通報

    結局は本人がさまざまな家族トラブルをどう乗り越えていくのか、その意志と能力次第だと思うんだけどね。 それにしても、今さらながら、御父君のご意向を理由に身辺調査を怠った宮内庁の責任は重いよ。

    11
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら