ニッポンの「超大作映画」秘史が全部わかる!<徹底リサーチ・話題作を彩った〈艶シーン〉をプレイバック>

ニッポンの「超大作映画」秘史が全部わかる!<徹底リサーチ・話題作を彩った〈艶シーン〉をプレイバック>

 かつての大作映画には、女優たちの艶かしいシーンが差し込まれていたことは、誰もが淡い思い出として記憶しているはずだ。女子供も観るもの? そんなことは関係ねえ、とばかりに、男気あふれる作品を、カラミのシーンの評論家でライターの松井修氏が生々しく再現して見せる。

 アクションあり、特撮あり、ロマンスありでオールキャスト、そして配給収入は23億円を突破。公開と同時に発売されたVHSは7億円を売り上げたという、名実ともに大作にふさわしいのが「里見八犬伝」(83年、角川春樹事務所)でした。

 薬師丸ひろ子真田広之とのラブシーンは、淡いながら2分もの間、騎乗位など体位を変えながらファックする。さらに驚愕したのが夏木マリのヌードシーンです。血の池に全裸入浴し、立ち上がって血をすくって飲み‥‥。

 子供も観るような娯楽大作にもかかわらず、こうした場面を入れるのは、さすが濡れ場名人でもある深作欣二監督と感心しました。

 前評判では「制作費10億をかけて原寸大の江戸城大奥を再現した」と話題になった「女帝 春日局」(90年、東映)では、当時40代後半の十朱幸代が濡れた襦袢から乳房を透けさせ、鳥越マリは上半身ヌードで騎乗位をやり、さらに豪快に全裸疾走。吉川十和子も、はだけた着物から片乳房がこぼれ落ちます。

 実は肝心の本編が空回り気味で盛り上がらなかっただけに、こうしたお色気シーンが救世主だったと言っても過言ではないほど、女優陣の奮闘が光る大作です。


あわせて読みたい

気になるキーワード

アサ芸プラスの記事をもっと見る 2018年3月9日の芸能総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「大島優子」のニュース

次に読みたい関連記事「大島優子」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「柏木由紀」のニュース

次に読みたい関連記事「柏木由紀」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「倉持明日香」のニュース

次に読みたい関連記事「倉持明日香」のニュースをもっと見る

新着トピックス

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。