国会「スキャンダル報復合戦」のアホバカ舞台裏(1)恐ろしい自民党「諜報機関」

国会「スキャンダル報復合戦」のアホバカ舞台裏(1)恐ろしい自民党「諜報機関」
       

 次々と問題が発覚し、スキャンダル国会と化している与野党の攻防。一方が疑惑を追及すれば、片や「新ネタ」を持ち出して応戦する。実によくできた争いだと思っていたら案の定、なんともバカバカしい「仕掛け」が隠されていたのである。

 裁量労働制については法案から全面削除する──。

 2月28日の総理官邸。加藤勝信厚労相(62)、二階俊博自民党幹事長(79)らとの深夜会談を終えた安倍晋三総理(63)は、待ち構えていた報道陣に疲れ切った表情で、苦渋の決断に至った経緯と結論を伝えた。

「働き方改革」は安倍政権が打ち上げた今国会の目玉政策だった。ところがいざ通常国会が開幕すると、柱の一つである裁量労働制を巡り、根拠となるデータの誤りが次々と噴出。安倍総理は白旗を上げざるをえない状況に追い込まれた。

 今回の杜撰なデータ騒動に詳しいある官邸関係者は、

「厚労省内には安倍総理に対する二つの怨念が今なお渦巻いているからね」

 と前置きしたうえで、舞台裏を次のように明かす。

「一つは消えた年金問題で社会保険庁を解体させられた恨み。もう一つは安倍一強を笠に着た強引な官邸主導に対する反発だよ。今回の『働き方改革』でも『官邸を援護射撃するデータをそろえろ』と言われ、省内には『担当官庁に何の相談もなく命令だけかよ』との不満が噴出していた。要するに、厚労省によるサボタージュ、意趣返しだね」

 そんな中、いわゆる「もりかけ問題」の追及で不完全燃焼が続いている野党は鬼の首でも取ったかのように勢いづくのか──と思いきや、政権を揺るがすほどの迫力はまったく伝わってこない。何が野党の反撃を阻んでいるのか。


あわせて読みたい

アサ芸プラスの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

国内ニュース

国内ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2018年3月13日の政治記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内の政治情報、首相、内閣、大臣、国会、選挙などの気になる最新ニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。