八村塁が“金蹴り”を受け5試合欠場、玉の手術を受けた選手も!

八村塁が“金蹴り”を受け5試合欠場、玉の手術を受けた選手も!

 米NBAワシントン・ウィザーズの八村塁が、12月16日のピストンズ戦で鼠径部を痛め、今後5試合を欠場することになった。自陣ゴール下でボールを競り合うなか、同僚・ボンガの振り上げた足が八村の“大事な部分”を直撃。その場で倒れ込んで悶絶するも、残り20秒あまりの第2Qを最後までプレーし、ハーフタイム後はコートに戻ることはなかった。

「八村のような同僚との接触はレアケースですが、バスケでは相手に股間を蹴られる事故は珍しくありません。五輪金メダルとNBA優勝の両方を達成した元スパーズのマヌ・ジノビリは、16年2月の試合で相手のヒザが股間を直撃し、睾丸の手術を受けるハメに。その影響からか翌シーズンにはシュート成功率や平均得点がキャリア最低に落ち込み、翌々シーズン後に引退しています」(スポーツライター)

 八村の5試合欠場は、負傷箇所の腫れが引くまで待つためと見られている。ファンは今後への影響がないことに期待しているが、バスケに限らず各競技では、股間のケガは珍しくないようだ。

「日本人になじみ深いのはキャッチャーの股をボールが直撃する例でしょう。ファウルカップを装着しているものの、下から突き上げるようにファウルチップが当たると激痛でのたうち回るもの。酷い場合は袋が青紫色に腫れ、吐き気と脂汗で悶絶します。最近では5月23日の巨人vsDeNA戦で、DeNAの伊藤光捕手が二度の股間直撃を受け、4回終了時に交代。また13年10月16日のセ・リーグCSファイナル第1戦では巨人・阿部慎之助捕手がボールの直撃を受け、試合後には『生まれ変わったらキャッチャーはやらないです』とコボしていました」(前出・スポーツライター)


あわせて読みたい

アサ芸Bizの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「八村塁が“金蹴り”を受け5試合欠場、玉の手術を受けた選手も!」の みんなの反応 2
  • 匿名さん 通報

    ジノビリの引退理由を◯◯の手術のせいにするスポーツライター。呆れてものが言えない。。。

    1
  • 匿名さん 通報

    ジノビリ選手が、引退したのは41歳の時です。身体が思うように動かなくなり、シュート確率が落ちたと考えるのが妥当です。 引退の原因に誤解を生むような書き方に憤りを感じます。

    1
この記事にコメントする

「バスケットボール + 日本代表」のおすすめ記事

「バスケットボール + 日本代表」のおすすめ記事をもっと見る

「バスケットボール + B.LEAGUE.」のおすすめ記事

「バスケットボール + B.LEAGUE.」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「フットサル」のニュース

次に読みたい関連記事「フットサル」のニュースをもっと見る

スポーツ総合ニュースアクセスランキング

スポーツ総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年12月19日のスポーツ総合記事

キーワード一覧

  1. バスケットボール B.LEAGUE.
  2. バスケットボール 日本代表

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。