「美空ひばり」「ラーメン」「くずし字」…日本のAI技術の現状

       

「美空ひばり」「ラーメン」「くずし字」…日本のAI技術の現状

 世界史の授業で習ったハンムラビ法典。紀元前のバビロニアを統治したハンムラビ王が発布した法典だが、石柱にアッカド語で刻まれたクサビ型文字を解読できるのは、特別な訓練を受けた一部の研究者のみという。これと同じことが日本の古典でも言える。昔の歴史資料に書かれた「くずし字」を読める人はやはり特別な訓練を受けた人だけだからだ。

 くずし字はおよそ9世紀から明治まで用いられてきて、10億を超える歴史的文章が遺されているが、一部の専門家が「翻訳」するにはあまりに膨大過ぎていつ終わるや分からない。そこで、AIに読み取らせようという試みが現在進行中だ。


「もともとAIにくずし字を認識させる試みは行われていましたが、日本の研究機関がくずし字のデータを作成、海外のAI研究者とくずし字認識モデルの開発を行い、精度を上げてきました。ですが、歴史区分で言う近年には対応できていますが、それ以前はあまり着手されていません。また、文字を認識したはいいものの、それを現代語にするにはまた別のAIの開発が必要となるようです」(文化部記者)

 歴史研究に大きく寄与して世間一般にまで恩恵がもたらされるのはまだまだ先の話かもしれないが、AI研究の進展が待たれる分野だ。

 話は変わるが、11月に「AIが選ぶ本当に美味しいラーメン百名店in東京2019」というものが発表された。発表したのは東大発のベンチャー企業「TDAI Lab」。つまり、AIを活用してレビューを信頼性スコアリング化し、主観や極端な意見に偏ることのない「本当に美味しい」ラーメン店をランキングしたのだ。


あわせて読みたい

アサ芸Bizの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年12月21日の経済記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。