サニブラウンは猛反発!陸連の「リレー優先」方針が招く最悪の事態とは

サニブラウンは猛反発!陸連の「リレー優先」方針が招く最悪の事態とは
拡大する(全1枚)

サニブラウンは猛反発!陸連の「リレー優先」方針が招く最悪の事...の画像はこちら >>

 桐生祥秀は「100mに専念する」とし、ライバルのサニブラウン・アブデル・ハキームは異論を唱えた。短距離系競技のなかで、日本が金メダルを狙えるのは、男子400mリレーであることは間違いない。前回リオデジャネイロ五輪では銀メダルを獲得した。2019年10月の世界陸上でも、多田修平、白石黄良々、桐生、サニブラウンで臨み、銅メダルに輝いている。彼らの武器は、世界も認める「正確でスピーディなバトンパス」だ。

 短距離系の競技で金メダルを獲得すれば、まさに歴史的快挙である。その思いが強すぎたからか、日本陸上連盟と選手たちの間に溝ができてしまった。

「陸連は『100mか200mのどらかと、400mリレーに』という案を伝えました。それに対し、サニブラウンは100m、200mの両方に出たいとし、個人記録があって、その次に団体記録と発言しています」(体育協会詰め記者)

 サニブラウンの発言は、年間の優勝者や大会で活躍した選手たちを表彰する「アスレティックス・アワード2019」で出たもの。「ぶっちゃけて言うと」と前置きしたところからしても、陸連の100mか200mの二択案には本当に怒っていたのだろう。

 それに対し、桐生は「自分の得意な…」と控えめなコメントで、大人の対応を見せていた。そもそも、陸連が二択案を提示した理由は日程問題にあるという。8月1日に100m走の予選があって、翌2日に準決勝と決勝。中1日空けて、同4日に200m走の予選と準決勝、同5日に決勝。陸連が期待する400mリレーは同6日に予選、7日に決勝となっている。サニブラウンのように、100m走と200m走の両方に出たいとする選手は7日間で最大8回も走ることになり、最後に予定されているリレーで”ガス欠”なんてことにもなりかねないのだ。


編集部おすすめ

当時の記事を読む

桐生祥秀のプロフィールを見る
アサ芸Bizの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「桐生祥秀」に関する記事

「桐生祥秀」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「桐生祥秀」の記事

次に読みたい「桐生祥秀」の記事をもっと見る

スポーツ総合ニュースランキング

スポーツ総合ランキングをもっと見る
お買いものリンク