軽自動車で保釈のカルロス・ゴーン被告はMr.ビーンを見習うべきだった!?

軽自動車で保釈のカルロス・ゴーン被告はMr.ビーンを見習うべきだった!?

 金融商品取引法違反などの罪で拘留されていたカルロス・ゴーン被告が3月6日、東京拘置所から保釈された。保釈の際には青いキャップを目深にかぶり、警備員風の服装をするなど変装していたゴーン被告。しかも弁護団が乗ってきたワゴン車ではなく、あえて軽自動車に乗り込むことでマスコミの目をそらせようとしていた。

 この変装劇については8日に、弁護団の高野隆弁護士が「すべて私が計画して実行した」とブログで告白。変装作戦が失敗したと認め、ゴーン氏の名声に泥を塗ったと謝罪した。この変装について週刊誌記者が指摘する。

「刑事被告人で変装といえば、未上場株を政治家らにワイロとして配ったという“リクルート事件”で有罪判決を受けた江副浩正・リクルート元社長を想い出した人もいるはず。江副氏は女性用のカツラを被って移動し、密着するメディアに『江副さんですよね?』と問われるも否定した場面が語り草になっています。ただネットが存在していなかった88年当時はともかく、現代では変装画像がすぐにネットで拡散されるので、今回の作戦は『マスコミの取材から姑息に逃げようとした』というネガティブなイメージを生んでしまったことでしょう。その意味では作戦失敗であることに違いはありません」

 そんなゴーン氏に対して一部からは、ある映画俳優にあやかった方法をとるべきだったとの声もあがっているという。週刊誌記者が続ける。

「ゴーン氏と言えば、その特徴的な眉毛がイギリス人俳優のローワン・アトキンソンに似ていることで有名。そのアトキンソンはコメディ作品『Mr.ビーン』で知られ、主人公のビーンはいつもモーリス・ミニに乗っています。時にはミニの天井にくくりつけたイスで爆走するなど、ビーンとミニの関係は有名。それゆえどうせマスコミ監視のなかで保釈されるなら、ミニに乗り込むことで洒落者として、世界に対して心の余裕を示すことができたはずです。しかもミニは現在、独BMWの傘下にあり、ルノーや日産とは競合関係。つまりミニに乗ることで古巣への強烈な皮肉もアピールできたことでしょう」

 ちなみにMr.ビーンのミニは薄緑色。その緑色はフランスでは不安定な色とされ、「どっちに転ぶか分からない」としてルーレットの台などに採用されているとの説もあるという。それはまるでゴーン氏の運命を暗示しているようではないだろうか。

あわせて読みたい

気になるキーワード

  1. カルロス・ゴーン 逮捕
アサ芸Bizの記事をもっと見る 2019年3月12日の経済記事
「軽自動車で保釈のカルロス・ゴーン被告はMr.ビーンを見習うべきだった!?」の みんなの反応 1
  • 匿名さん 通報

    ビーン、ゴーン、ビーン、ゴーン。やっぱり、同一人物だったんか!?

    0
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

「カルロス・ゴーン + 逮捕」のおすすめ記事

「カルロス・ゴーン + 逮捕」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「カルロス・ゴーン」のニュース

次に読みたい関連記事「カルロス・ゴーン」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「柳井正」のニュース

次に読みたい関連記事「柳井正」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら