「セーラー服ドラマ」35年の傑作選(1)「スケバン刑事」浅香唯は私生活でもヨーヨーを

「セーラー服ドラマ」35年の傑作選(1)「スケバン刑事」浅香唯は私生活でもヨーヨーを
拡大する(全1枚)

「セーラー服ドラマ」35年の傑作選(1)「スケバン刑事」浅香...の画像はこちら >>

 僕らは「胸キュン」の瞬間を常に待っていた。それをかなえてくれたのは、セーラー服を着て軽やかに舞うアイドルたちのドラマだった——。昭和の終わりにあたる80年代から令和の現在まで、傑作の数々をここに再現!
               
 昭和のセーラー服ドラマの金字塔といえば、85年に始まった「スケバン刑事」(フジテレビ系)をおいてほかにない。美少女研究家の高倉文紀氏が力説する。

「今では珍しくなったアイドル主演の30分ドラマで、ここに出れば女優として活躍できるという図式を作った。さらに『セーラー服のまま戦う』というインパクトも視聴者に与えました」

 初代の斉藤由貴は、キレのいいセリフを放った。

〈スケバンまで張ったこの麻宮サキが、何の因果か落ちぶれて、今じゃマッポの手先。だがな、てめえらみてえに魂まで薄汚れちゃいねえんだぜ!〉

 2代目の南野陽子、3代目の浅香唯と、シリーズを重ねるごとに人気は社会現象となる。アイドル事情にも詳しい漫談家のユリオカ超特Q氏は、昨年8月、自身のイベントに浅香をゲストで招き、秘話を聞いたという。

「初代、2代目と来て、浅香さんの代になると三姉妹ですから破壊力は増したわけです。その中でセンターを務めていたので、道を歩いていると小さな子供に戦いを挑まれることもあったそう。浅香さんは練習を兼ねてプライベート用のヨーヨーを持っていて、それを見せると『おおおっ、本当にスケバン刑事なんだ!』と驚かれていたとか」


編集部おすすめ

当時の記事を読む

浅香唯のプロフィールを見る
アサ芸Bizの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「浅香唯」に関する記事

「浅香唯」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「浅香唯」の記事

次に読みたい「浅香唯」の記事をもっと見る

芸能総合ニュースランキング

芸能総合ランキングをもっと見る
お買いものリンク