Jリーグ「平均年俸ランキング」で“圧巻のコスパ”を証明したチームとは?

Jリーグ「平均年俸ランキング」で“圧巻のコスパ”を証明したチームとは?

 英国の調査組織「Sporting Intelligence」が12月24日、世界のプロスポーツ選手が受け取る年俸をリサーチし、スポーツチームごとの平均年俸をランキングで発表した。

 アメリカンフットボールや野球、クリケットといった世界規模のあらゆるプロスポーツを対象に行った今回の調査には、日本のJリーグも含まれており、国内リーグ全体の選手1人当たりの年俸額は約3574万円と算出。また、年俸総額をチーム内の登録人数で割ったクラブの平均年俸ランキングでは、首位がヴィッセル神戸(約1億7200万円)となり、2位に浦和レッズ(約4890万円)、3位にサガン鳥栖(約4710万円)と続いている。

「ドイツ代表としてW杯を制した経験を持つルーカス・ポドルスキに加え、スペイン代表の主軸だったアンドレス・イニエスタやダビド・ビジャなど、スーパースターを擁するヴィッセル神戸が断トツの首位となったことは理解できますが、このランキングでは平均年俸額と実際のJリーグでの順位が全く比例していないクラブも見受けられました。例えば、2位の浦和の3.5倍もの資金を投じている神戸は今季の戦績を14勝5分15敗の8位で終え、それに次ぐ高額年俸の浦和に至っては9勝10分15敗で14位に沈んでいます。さらに平均年俸額3位のサガン鳥栖もJリーグでは15位で、名古屋グランパスも年俸ランクでは5位と“健闘“しましたが、ピッチ上では不甲斐ないパフォーマンスとなり、9勝10分15敗の13位でした。つまり、今季は選手へのサラリーにお金をかけたクラブほど、皮肉にも満足のいく結果を得られなかったという傾向が見られたんです」(スポーツライター)


あわせて読みたい

アサ芸Bizの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

次に読みたい関連記事「ラグビー」のニュース

次に読みたい関連記事「ラグビー」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「バドミントン」のニュース

次に読みたい関連記事「バドミントン」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「レスリング」のニュース

次に読みたい関連記事「レスリング」のニュースをもっと見る

スポーツ総合ニュースアクセスランキング

スポーツ総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年12月29日のスポーツ総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。