上沼恵美子が酷評過去でも「R-1」王者に輝いた・野田クリスタルの天才ぶり

上沼恵美子が酷評過去でも「R-1」王者に輝いた・野田クリスタルの天才ぶり

「R-1ぐらんぷり2020」で参加総数2532組の頂点に輝いた、マヂカルラブリー・野田クリスタル。コンビとして「キングオブコント」と「M-1グランプリ」のWファイナリストでありながら、ピンで日本一に輝いた一の芸人だ。「M-1グランプリ2017」では、辛口審査員でおなじみの上沼恵美子から、「好みではない。よぉ決勝残ったなと思って」と酷評されたが、今回で汚名返上を成し遂げた。

 メジャー3大コンテストで爪痕を残したが、実は以前から、R-1ネタで披露したゲームの世界では高く評価されている。

「16年に、『野田ゲー』と題したゲームアプリ制作者になっていたんです。その年には『ブロックくずして』、『寿司-sushi-』、『ボルダリング姉さん』をApp Store、Google Playでリリース。翌17年9月に出演した『ウチのガヤがすみません!』(日本テレビ系)では、ゲストの俳優・佐藤健のために『タケルタンX』という新作を発表。佐藤をモデルにした作品で、本人を喜ばせています」(エンタメ誌ライター)

 昨年10月には、大人気アプリ“モンスト”こと「モンスターストライク」をしのぐ“事件”を起こしている。

テレビ東京のゲーム番組『勇者ああああ~ゲーム知識ゼロでもなんとなく見られるゲーム番組~』で紹介した『すごいことになりそうだ!! 組体操合戦』というアプリを開発すると、株式会社ChronoJuvenileの制作のもと、iOS版とアンドロイド版でリリースされ、発売2日後のゲームアプリランキングで94位に入りました。決して上位ではありませんが、なんと95位の“モンスト”より上だったため、一部の人たちが騒然となりました」(前出・エンタメ誌ライター)

 天才ゲームクリエイターの名を欲しいままにする野田。かねてからのゲーム好きが開発側に回り、あげくに芸人としてネタに昇華させて優勝賞金の500万円をゲットした。優勝直後から所属する吉本興業のスタッフや芸人の“手のひら返し”が始まったようだが、今後、野田の大逆襲はどんな展開を見せるのだろうか。

(北村ともこ)

あわせて読みたい

上沼恵美子のプロフィールを見る
アサ芸Bizの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「上沼恵美子が酷評過去でも「R-1」王者に輝いた・野田クリスタルの天才ぶり」の みんなの反応 1
  • 匿名さん 通報

    マヂカルラブリーは面白くない。サンドイッチマンと比べたら遥かに下の方で、、見えないくらい。

    0
この記事にコメントする

「上沼恵美子 + 関西」のおすすめ記事

「上沼恵美子 + 関西」のおすすめ記事をもっと見る

「上沼恵美子 + 別居」のおすすめ記事

「上沼恵美子 + 別居」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「今田耕司」のニュース

次に読みたい関連記事「今田耕司」のニュースをもっと見る

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年3月14日の芸能総合記事

キーワード一覧

  1. 上沼恵美子 M-1
  2. 上沼恵美子 別居
  3. 上沼恵美子 関西

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。