スキマ時間にできるオイシイ副業術(11)空いている駐車場をレンタル

スキマ時間にできるオイシイ副業術(11)空いている駐車場をレンタル
拡大する(全1枚)

スキマ時間にできるオイシイ副業術(11)空いている駐車場をレ...の画像はこちら >>

 自宅の駐車場をネット上に登録し、利用希望者に貸す「駐車場レンタル」という商売がある。

 民泊ビジネスと同じく、使っていないスペースを有効活用することで収入を得るシステムだ。ネットのマッチングサービスを利用する点からして民泊との類似点は多いが、最も異なるのが「管理の手間」。一度貸すごとに部屋の掃除が必要な民泊と異なり、駐車場は次々と貸し出すことが可能だ。

 都心を中心とした駐車場不足の事情も相まって、その手軽さから一躍人気の副業として定着し、近年では時間貸し駐車場サービス大手の「タイムズ」や「三井のリパーク」までもが駐車場レンタルのマッチングサービスに参入している。

 では、どのような手続きで自宅の駐車場を貸し出せるのか。

 国内最多の登録駐車場数を抱える「akippa」の場合、公式サイトのトップページから「駐車場を貸す」をクリック。氏名やメールアドレス、電話番号、駐車場の所在地などを入力したあと、必要となるのが「対応車両」の登録だ。ここでは「軽自動車」「コンパクトカー」「大型車・SUV」などから「貸し出す駐車場に収容できる最も大きなサイズの車両」を選択。自由記述欄に「これまで駐車した中で最も大きな車種」を記入する。

 次いで「周辺の写真」「駐車場全体の写真」「駐車スペースの写真」の3枚をアップロードして「写真登録」が完了したら、最後に登録するのが「レンタルに関するスケジュール」だ。毎日決まった時間に貸し出す設定のほか、週ごとやイレギュラーな日程にも対応。15分単位で貸し出すことができるのが「akippa」の特徴となっている。


編集部おすすめ

当時の記事を読む

アサ芸Bizの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

経済ニュースランキング

経済ランキングをもっと見る
お買いものリンク