金正恩「コロナ暗殺情報」で大パニック(下)CIAは金正恩を狙っている

金正恩「コロナ暗殺情報」で大パニック(下)CIAは金正恩を狙っている

 しかし表面上、北朝鮮は今回の新型ウイルスに対する対策は万全だと強調しているが、その内情は、激しいパニック状態に陥っているというのだ。

 北朝鮮ウオッチャーが語る。

「金委員長は今、『暗殺』の2文字におびえ、大パニックに陥っている。2月末、朝鮮中央通信は党副委員長を務める李萬建氏と朴太徳氏が解任されたことを伝えたが、疑心暗鬼から解任に踏み切った金委員長は近く、両氏を公開処刑するのではないかとまで言われています。また、新型コロナウイルスの国内蔓延でみずからが感染することを恐れるあまり、金委員長は食料調達などのためにやむなく自宅から出ようとする感染者の一般国民を手当たりしだいに銃殺しているとも伝えられているのです」

 これこそ、まさに恐怖政治だが、ウイルスによる金正恩暗殺説には、謀略論として片づけられない一面も存在する。かつてアメリカ大統領の側近筋からオフレコで話を聞いた経験を持つ日本人ジャーナリストもこう証言する。

「かつて高官は『CIAは北朝鮮トップを狙った暗殺の機会をずっとうかがってきた。金日成しかり、金正日しかり』と明言していた。返す刀で『CIAの暗殺方針は大統領が交代しても変わることはない』とも断言していましたから、現在は金正恩がCIAによる暗殺のターゲットになっているということです。その場合、金王朝内でエージェント、すなわちCIAの協力者を育てる、というのが典型的な手口だったそうです。ただ、『協力者が粛清を恐れたり、現実に粛清されたりして、なかなかうまくいかない』とも漏らしていましたから今回、CIAは手口を新型コロナウイルスによる暗殺に切り替えたのかもしれません」


あわせて読みたい

アサ芸Bizの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年3月30日のライフスタイル記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。