“お笑い転向”の吉田沙保里に「帰って来い」の大コール

“お笑い転向”の吉田沙保里に「帰って来い」の大コール
拡大する(全1枚)

“お笑い転向”の吉田沙保里に「帰って来い」の大コールの画像はこちら >>

 この4月から、朝の生放送情報番組「ZIP!」(日本テレビ系)の金曜レギュラーに起用された元レスリング女王・吉田沙保里のハッチャケぶりが心配されている。

 今年1月の引退会見でも、すぐに指導者になることに難色を示していたが、その後は「国民栄誉賞をもらった人がここまでやるか!?」と視聴者が心配になるくらいに三枚目を演じている。本人がタレント活動を好んだのだから仕方がないのだが、レスリング関係者としてはやはり、レジェンドのご乱心は放っておけない。

「吉田は18年に母校・至学館大学の副学長を辞任しましたが、職員としては籍を残しています。伊調馨選手へのパワハラ騒動で栄和人監督が解任されたときは、何度か吉田に就任の打診があったといいますが本人が固辞しているのだとか」(スポーツ紙記者)

 一方で、女子レスリング界で徐々に存在感を増しているのが伊調馨だ。パワハラ騒動にもめげず、試合に復帰して結果も出している。吉田が現役だった時代は、五輪4連覇で数字の上では吉田よりも上ながら、“2番手”のイメージがあったが、いまや状況が一変しているという。
 
「伊調は自らの練習の傍ら、地方主催レスリング教室にコツコツ参加したり、子供たちの指導も積み重ねてきました。レスリング協会では『将来の五輪代表コーチ、監督の適任者は、吉田ではなく伊調』の声も出始めているようです」(同前)

 こうした伊調への高評価を聞き、女子レスリングの名門である至学館大学が慌てているという。


編集部おすすめ

当時の記事を読む

吉田沙保里のプロフィールを見る
アサ芸Bizの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

「吉田沙保里」に関する記事

「吉田沙保里」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「吉田沙保里」の記事

次に読みたい「吉田沙保里」の記事をもっと見る

スポーツ総合ニュースランキング

スポーツ総合ランキングをもっと見る
お買いものリンク