ケンコバ、蛍原の元相方は極めて特殊な芸能活動を行っていた!

ケンコバ、蛍原の元相方は極めて特殊な芸能活動を行っていた!

「バツイチ」といえば当然、1度の離婚経験者のこと。ところが芸人の場合はもうひとつ意味を持つ。コンビ解散歴のことだ。よしもとクリエイティブ・エージェンシー所属芸人は、この“バツイチ”を経て、大きく花開いたケースが多い。

 よくあるのは、片方が売れてもう一方は鳴かず飛ばずとなり、雲泥の差がついてしまうパターン。また、売れなかった方が、特殊な芸風を獲得することも少なくない。“バツ2芸人”のケンドーコバヤシが組んだ相方も、そんなパターンだ。

 お笑い事情に詳しいフリーライターが振り返る。

ケンコバが養成所時代、プロレス好き同士で最初にコンビを組んだのが『松口VS小林』。当時の相方は、のちに正統派漫才師ハリガネロックとして『M-1グランプリ』決勝戦に2度も進出しているユウキロックこと、松口祐樹です。ケンコバとは95年に解散しました。その後ケンコバは、同じく同期の村越周司と『モストデンジャラス』を成。ボケとツッコミの概念を覆した芸風は、一部マニアに大ウケしましたが、およそ5年で解散。00年、ケンコバはピンに転向しました」

 ハリガネロックは地元・関西の賞レースで輝かしい実績を残し、01年には「第4回 爆笑オンエアバトル」(NHK総合)のチャンピオン大会で優勝したが、14年に解散。松口(ユウキロック)は芸人を廃業して、養成所の講師、作家、ライターに転向した。また、ケンコバ2人目の相方である村越は、紆余曲折を経て、よしもとへUターン。4000個以上のギャグを持つ“一発ギャガー”として、出張ギャグも辞さない赤貧芸人となっている。


あわせて読みたい

気になるキーワード

  1. ケンドーコバヤシ Instagram
  2. ケンドーコバヤシ 木村祐一
  3. ケンドーコバヤシ 筋肉
ケンドーコバヤシのプロフィールを見る
アサ芸Bizの記事をもっと見る 2019年3月30日の芸能総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

「ケンドーコバヤシ + Instagram」のおすすめ記事

「ケンドーコバヤシ + Instagram」のおすすめ記事をもっと見る

「ケンドーコバヤシ + 結婚」のおすすめ記事

「ケンドーコバヤシ + 結婚」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「今田耕司」のニュース

次に読みたい関連記事「今田耕司」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら