新馬戦スタート!最高級の良血馬ドゥラメンテ産駒の実力

       

新馬戦スタート!最高級の良血馬ドゥラメンテ産駒の実力

 登録産駒数189頭でトップの新種牡馬ドゥラメンテは、日本競馬の粋を集めた最高級の良血馬。母系は4代に至るまでGⅠ馬で、そこには社台ブランドの血が脈々と流れている。

 競馬ライターの兜志郎氏が次のように期待する。

「初年度から過去に例を見ないほど多くの繁殖牝馬を集めていて、産まれてきた仔の評判もいい。なにしろセレクトセールでは、当歳馬に1億の値がつくほど。産駒は総じてスラッとした体型をしていて、スピードに富んでいる。気が強い馬が多く、それが勝負根性につながれば楽しみです」

 ドゥラメンテ産駒は4月24日に地方でデビューした浦和所属のトーセンウォーリア(牡、小久保厩舎)が圧勝したように、ダートでも問題なさそうだ。

「ただ、難点はキングカメハメハとサンデーサイレンス(母父)の血統なので、交配相手が限定されること。国内では両種牡馬の血を引く馬が非常に多いため、種付けをする相手は輸入牝馬が多くなっています」(兜氏)

 例えば、夏にデビュー予定のテネラメンテ(牝、木村厩舎)の母は(外)スターアイルといった具合だが、血統評論家の加藤栄氏が言うように仕上がりは早く、土日でセイウンブリスク(牡、手塚厩舎)とアスコルターレ(牡、西村厩舎)が出走予定となっている。

「セイウンブリスクが出走する6日の東京5R(芝1600メートル)には、ブエナベントゥーラも出てきますから、いきなりドゥラメンテ産駒とモーリス産駒が激突することになります。同じように、アスコルターレが出走する翌7日の阪神5R(芝1400メートル)にもモーリス産駒のカスティーリャ(牡、橋口厩舎)が出走する。今年の新種牡馬争いを占う重要な2戦になりそうで、今からワクワクします」(スポーツ紙記者)


あわせて読みたい

アサ芸Bizの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

「ドゥラメンテ + 引退」のおすすめ記事

「ドゥラメンテ + 引退」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「サトノダイヤモンド」のニュース

次に読みたい関連記事「サトノダイヤモンド」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「マカヒキ」のニュース

次に読みたい関連記事「マカヒキ」のニュースをもっと見る

スポーツ総合ニュースアクセスランキング

スポーツ総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年6月6日のスポーツ総合記事

キーワード一覧

  1. ドゥラメンテ 引退

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。