「報ステ」富川悠太アナの「復帰釈明」で急浮上した集団感染の“黒幕”とは?

「報ステ」富川悠太アナの「復帰釈明」で急浮上した集団感染の“黒幕”とは?

 4月11日に新型コロナウイルス感染が判明し、キャスターを務める「報道ステーション」(テレビ朝日系)を離れていた富川悠太アナが、6月4日の放送で約2カ月ぶりの復帰を果たした。

「感染拡大の防止を呼び掛けていたにも関わらず、番組内に私を含めまして5人の感染者が出てしまいました。改めてお詫び申し上げます」

 富川アナは冒頭、こう言って、番組でコロナ対策を声高に呼びかけていたにもかかわらず、自分を含む番組関係者が感染してしまったことを陳謝。そしておよそ15分間にわたって自身の感染にいたるまでの行動などをつまびらかにし、反省点として「短時間でも発熱を軽視しない」「正確な体調把握と判断の遅れ」「“密”な環境を無くすことできず」という3点を挙げていた。しかし今回の放送にはなお、視聴者からの猛批判が寄せられたという。

「富川アナ自身については《感染したこと自体を責めるべきではない》《本人の口から感染状況について詳しく説明したのは有益な情報》などと、その態度を評価する声が少なくありません。その一方で視聴者の怒りの矛先は、発熱や体調不良を訴えた富川アナの出演続行を了承したチーフプロデューサー(チーフP)に向けられているのです。番組ではチーフPのコメントを森川夕貴アナが代読しましたが、そこでの『休ませる判断までいたりませんでした。熱がないのに休ませるのは難しい、という先入観が甘い判断につながった』という内容から、今回の集団感染の黒幕はチーフPだったのではないか、という意見につながったのです。『猛省しております』というコメントも、代読ではあまり視聴者の心に響かなかったのではないでしょうか」(テレビ誌ライター)


あわせて読みたい

アサ芸Bizの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

「報道ステーション + 竹内由恵」のおすすめ記事

「報道ステーション + 竹内由恵」のおすすめ記事をもっと見る

「報道ステーション + 徳永有美」のおすすめ記事

「報道ステーション + 徳永有美」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「ひるおび」のニュース

次に読みたい関連記事「ひるおび」のニュースをもっと見る

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年6月5日の芸能総合記事

キーワード一覧

  1. 報道ステーション 徳永有美
  2. 報道ステーション 竹内由恵

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。