天才テリー伊藤対談「都倉俊一」(3)海外では批評家に泣かされましたよ

天才テリー伊藤対談「都倉俊一」(3)海外では批評家に泣かされましたよ

テリー そういう状況は、本人たちも把握していたんでしょうか。

都倉 当時は忙しすぎて、そういう判断をする余裕はなかったでしょうね。あと、彼女たちには相馬一比古という非常に優秀なマネージャーがついていたんですが、彼がいちばんやりたかったアメリカ進出を、そのタイミングで着手してしまったんです。

テリー 当時は「ついに全米デビュー」と騒がれていましたけど‥‥。

都倉 当時の日本のアイドルのコンセプトが、そのまま海外で受け入れられるわけがないんです。かなり無理をしてテレビのレギュラー枠を取ったりしたので、いちおうピンク・レディーのことはみんな知っているんです。でもね、英語力にも限界があるし、いわゆるバラエティー的なノリでしたね。僕はちょっとむなしい気分でその状況を眺めていました。

テリー 結局、アメリカ進出の夢は破れて、ピンク・レディーは81年に解散を迎えます。それと入れ替わるように、その頃、都倉さんも活動の拠点をアメリカに移されますよね。

都倉 実はピーク時、26人のアーティストを抱えていて、その他に単発のCMソングやドラマ主題歌を抱えてしまうと、本当に寝る暇がなかったんですよ。そうすると、自分が本当にやりたいグランドオーケストラやボストンポップスみたいなものが全然やれないものですから。

テリー やりたいことをやるために、意を決したわけですね。

都倉 またちょうど、音楽業界にコンピューターが進出してきて、デジタル録音など、システム的にも革命的な変化が起き始めたところだったから、勉強という意味でもアメリカで過ごした3~4年は、とても有意義でした。


あわせて読みたい

気になるキーワード

  1. テリー伊藤 結婚
テリー伊藤のプロフィールを見る
アサ芸Bizの記事をもっと見る 2019年4月2日の芸能総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

「テリー伊藤 + 結婚」のおすすめ記事

「テリー伊藤 + 結婚」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「デーブ・スペクター」のニュース

次に読みたい関連記事「デーブ・スペクター」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「山下真司」のニュース

次に読みたい関連記事「山下真司」のニュースをもっと見る

トピックス

> 今日の主要ニュース > 国内の主要ニュース > 海外の主要ニュース > 芸能の主要ニュース > スポーツの主要ニュース > トレンドの主要ニュース > おもしろの主要ニュース > コラムの主要ニュース > インタビューの主要ニュース

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。